【茨城2020秋】テンヤマダイ釣り入門 タックル~釣り方まで解説

【茨城2020秋】テンヤマダイ釣り入門 タックル~釣り方まで解説

テンヤマダイの基本的な釣り方について解説しよう。秋はマダイの数釣りが狙えるので、初心者のデビューシーズンとしてもオススメだ。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:弘漁丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

テンヤマダイのタックル

テンヤマダイの基本的なタックルは以下の通りだ。

【茨城2020秋】テンヤマダイ釣り入門 タックル~釣り方まで解説マダイ手中(提供:弘漁丸)

竿

竿は2.2~2.5mの専用タイプがベスト。8対2~7対3調子で、極小のテンヤの着底やわずかなアタリをとらえることのできる穂先感度のいいものを選ぼう。またガイド性能も重要で、ライン滑りのいいガイド搭載モデルがお勧め。持っていない人はキス竿やメバリング用でも代用が可能。

リール&ライン

ドラグ性能に優れ、PEライン1号を200mくらい巻ける2500~3000番クラスのスピニング。ミチイトは視認性のいい5mと1mにマーカーの入ったPEライン0.6~0.8号150~200mを巻いておく。より自然なライン放出が必須なので、下巻きするなどスプールいっぱいに巻くことが大切。サキイトはフロロカーボンライン2~3号3~5mを基準に。

テンヤのサイズ

ポイントによるが、テンヤは3~12号を用意しておこう。潮の速さや魚の活性に応じて号数を使い分ける。号数が大きいほど着底は分かりやすく、初心者は重めから始めるといい。予約時に船宿に使用号数を聞いて揃えておきたい。テンヤの色はエサ取りが少ないときは金などのアピール系、濁りが強い日や朝夕マヅメにはグローなど、水深、天候(光量)の状況によって使用する。

テンヤマダイの釣り方

続いて、テンヤマダイの釣り方について紹介しよう。

仕掛けの投入~着底

竿の反動を利用して、テンヤをやや潮上にアンダーキャスト。リールのベールを起こし、人差し指でサミングしながらテンヤを底まで落とし込む。このとき、竿を上下させラインの落下をアシストする。テンヤが着底するとミチイトがフケるので、素早く巻き取りミチイトを張る。まず、底を取れる(着底が分かる)ことがこの釣りの基本。

テンヤの誘い方

若干底を切ってテンヤを浮かせた状態(ベタ底~50cmくらい)でしばらくアタリを待つ。ここで反応がなければ、竿いっぱいに大きくゆっくりとシャクり上げ、テンションフォール(ミチイトを張った状態でゆっくり竿先を下げていく)でテンヤを落とし込む。潮の速さによって違うが、この誘いを2、3回繰り返すと潮流の影響でテンヤが浮き、ミチイトが斜めになり、底が取れなくなる。

【茨城2020秋】テンヤマダイ釣り入門 タックル~釣り方まで解説釣り方のイメージ(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

ここでミチイトを出すのではなく、一旦仕掛けを回収。エサのチェックをして再投入。このサイクルを繰り返しながら根気強く攻める。

次のページで「魚が掛かった後のやりとり」を解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。