ひとつテンヤマダイ釣り攻略 タックル・釣り方・誘いパターンを解説

ひとつテンヤマダイ釣り攻略 タックル・釣り方・誘いパターンを解説

テンヤのみのシンプルな仕掛けでマダイを狙う「ひとつテンヤマダイ」。ルアーフィッシングのように幅広いアプローチが可能な上、細糸とライトタックルでのスリリングなやり取りも面白く、ゲーム性が非常に高い釣り物です。この記事ではそんなひとつテンヤマダイの基本的な釣り方と、誘い方のパターンなどを紹介します。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:弘漁丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ひとつテンヤとは?

ひとつテンヤとはテンヤのみのシンプルな仕掛けでマダイを狙う釣り方です。テンヤはオモリとハリが一体になったルアーフィッシングのジグヘッドのような形状のもので、その歴史は長く江戸時代から漁で使われていたそうです。シンプルな仕掛けとライトなタックルを使うため、魚とのダイレクトなやり取りが面白く、魚を掛けるまでの誘い方も豊富なため非常にゲーム性の高い釣りです。

またマダイ以外にもポイントによって青物や根魚、フラットフィッシュなど多彩な魚が掛かり、アタリが多い釣りなのも魅力のひとつとなります。

エサはエビ

エサは基本的にエビを付けて釣ります。季節、地域によって活きエビを使う船宿と冷凍エビを使う船宿に分かれます。またアクションを付ける釣りや、中層の小魚に付いたマダイを狙う際などにはワームを使う場合もあります。

ひとつテンヤマダイ釣り攻略 タックル・釣り方・誘いパターンを解説エサはエビが基本(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

出船地域は全国的

テンヤ釣りは全国で行われており、出船している船宿も多くあります。タイラバやライトジギングなども同時に可能な船宿がよくあるのも特徴です。

ひとつテンヤの時期

一年を通してマダイは釣れるため、地域にもよりますが周年出船している船宿もあります。ベストシーズンは大鯛が狙える春のノッコミシーズンと、活性が上がり数釣りが狙える秋となります。

ひとつテンヤのタックル

ひとつテンヤの基本的なタックルを紹介します。

ひとつテンヤの竿

竿は2.2~2.5mのひとつテンヤ専用タイプがベスト。8対2~7対3調子で、極小のテンヤの着底やわずかなアタリをとらえることのできる、穂先感度のいいものを選びましょう。

またガイド性能も重要で、ライン滑りのいいガイド搭載モデルがお勧め。硬さはMHあたりが基準になりますが、アクションを付けて積極的に掛けていく釣りや、深場を狙って重いテンヤを使う場合はH以上が向いています。また硬さによってアワセの感覚が変わってくるので好みの差も出てくるでしょう。

代用竿はある?

船でも邪魔にならない長さで、錘負荷が合うものであればメバリングロッドやエギングロッド、バスロッドなどのルアーロッドや、キス竿なども代用が可能です。

ひとつテンヤのリール

PEライン1号を200mくらい巻ける2500~3000番クラスのスピニングを使用します。大鯛と細糸で勝負する釣りなのでドラグ性能が良いリールを選びましょう。

ミチイトは視認性のいい5mと1mにマーカーの入ったPEライン0.6~0.8号150~200mを巻きます。より自然なライン放出が必須なので、下巻きするなどスプールいっぱいに巻くことが大切です。リーダーはフロロカーボンライン2~3号3~5mを基準にしましょう。

ベイトリールという選択肢も

近年はベイトリール専用モデルのロッドが出るなど、ベイトリールを使用する人も増えています。スピニングリールと比べると重いテンヤが扱いやすい、シャクリなど積極的なアクションを付けやすいといった利点があり、釣りのスタイルによってベイトリールも考慮しましょう。

ひとつテンヤマダイ釣り攻略 タックル・釣り方・誘いパターンを解説ひとつテンヤマダイタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

テンヤについて

ひとつテンヤの釣りで使うテンヤについて解説します。また、近年流行している遊動式と、スタンダードな固定式の比較も行っていきます。

テンヤのヘッド形状

ヘッド形状はボトムが平らでゆらゆらとフォールするテンヤ型や、沈下速度の早いカブラ型のほか、横方向の動きに強い形のテンヤなど様々なものが発売されています。状況や誘いに合わせて使えるように複数種類もっておくといいです。

ひとつテンヤマダイ釣り攻略 タックル・釣り方・誘いパターンを解説横方向に誘えるスイミングテンヤ(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

テンヤの重さ

重さは3~20号程度が使われます。船が狙う水深などにもよって違うので、予約時に船宿に使用号数を聞いて揃えておきましょう。潮の速さや魚の活性に応じて号数を使い分けますが、フォールがゆっくりと自然に落ちる軽いものほどマダイには効果的なので、底が取れるギリギリを選ぶといいです。

テンヤのカラー

テンヤの色はエサ取りが少ないときは金などのアピール系、濁りが強い日や朝夕マヅメにはグローなど、水深、天候(光量)の状況によって使い分けます。

固定式テンヤ

オモリとハリが一体化している固定式テンヤ。ダイレクトな操作が可能で、アタリも伝わりやすいのが特徴です。特にシャクリなどのアクションを付ける場合は固定式に軍配が上がります。

遊動式テンヤ

遊動式の最大のメリットはエサがオモリと離れながら、ゆっくり自然に落とし込まれる点です。そのためテンヤの重さはあまり考えなくてよく、魚とのやり取り時にヘッド部分がハリと離れて遊びができるためバラしづらいので、初心者にも扱いやすいテンヤです。

ひとつテンヤマダイ釣り攻略 タックル・釣り方・誘いパターンを解説遊動式テンヤ(提供:TSURINEWSライター 近藤惣一郎)

デメリットとしてはエサがオモリと離れていることからアタリが伝わりにくい状況もあり、アワセもハリスの遊動幅によっては利きづらいことがあります。

また前述したようにシャクリなどのアクションを付ける場合、遊動式でもウキ止めなどを使用して遊動幅を固定する方法もありますが、釣っているうちにズレてくることが多く固定式よりもやりづらい印象です。

次のページで基本的な釣り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。