2020年『解禁日』ワカサギ釣行 39尾ながら良型揃いで満足【赤城大沼】

2020年『解禁日』ワカサギ釣行 39尾ながら良型揃いで満足【赤城大沼】

9月1日(火)の解禁日、群馬県前橋市にある赤城大沼へワカサギ釣りに出かけた。釣果は振るわなかったが、時に良型の多点掛けも味わうことができた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・郡直道)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

赤城大沼でワカサギ解禁日釣行

9月1日(火)の解禁日、群馬県前橋市の「赤城大沼」へワカサギ釣りに出かけた。

家を出たときから小雨が降っており、釣りができるかどうか不安はあったが、とりあえず現地に向かう。5時半ごろ、ボート店に到着。入漁券は年券を購入、女将と歓談したりスタッフから試し釣りの情報をもらったりした。

エサは赤虫を使用

ボートに荷物を積み込み、開始時間の6時半にこぎだす。目指すは「高原学校前」の水深10mのポイント。魚探を見ながらいい場所を探すが、まとまった魚影は見られない。仕方がないので小さな魚影があるところでアンカリング。

2020年『解禁日』ワカサギ釣行 39尾ながら良型揃いで満足【赤城大沼】ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・郡直道)

電動リールを付けた竿を2組用意し、仕掛けにエサの赤虫を付けて投入。試し釣りで掛かった個体は「10cmを超える良型」と聞いたので、手前マツリを避けるために11gの重いオモリを用意。仕掛けは色付きバリのカラバリ仕掛け、ところどころに赤虫を装餌。

手こぎ移動で湖縦断

シャクリを繰り返すもアタリはないが、たまに大きな魚信でウグイは顔を出す。そのまま続けるがそれ以外の反応は皆無で、しびれを切らして9時すぎに大きくポイント移動。

2020年『解禁日』ワカサギ釣行 39尾ながら良型揃いで満足【赤城大沼】ワカサギ釣りの様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・郡直道)

ベテランの常連たちはエレキでスイスイ移動しているが、こちらは老体にムチ打つ手こぎでの大移動。本当に疲れるが、断続的な霧雨で冷えた体が温まる。土産物店街からこぎ出して、しまいには「青木旅館」近くまで、ほぼ湖を縦断。多くのボートが固まっていて期待できそう。

2020年『解禁日』ワカサギ釣行 39尾ながら良型揃いで満足【赤城大沼】多くのボートが出ていた(提供:週刊つりニュース関東版 APC・郡直道)

次のページでは良型の多点掛けも

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。