【大阪湾2020秋】波止の良型アジを「サビキ釣り」で狙うコツ4選

【大阪湾2020秋】波止の良型アジを「サビキ釣り」で狙うコツ4選

波止の小アジも秋を迎えて徐々に大きくなるが、釣れる数は減ってくる。そんな秋のアジを「サビキ」を使って釣るためのコツを紹介しよう。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

大阪湾の秋のアジ釣り

大阪湾の各波止で夏の初めに釣れ出す豆アジは、太平洋から大阪湾に入り込んで、プランクトンなどの食物が豊富な湾内で徐々に大きく育つ。豆アジの成長は早く、夏場に5、6cmの大きさだったものが、秋になると20cm近くにまで成長する。

釣れる数は夏に比べて少なくなるが、秋の大きく育ったアジもポイントさえ押さえれば、手軽で簡単なサビキ釣りで狙うことができる。

波止でアジを狙う場合、押さえておきたいポイントはいくつかあるのだが、共通するのは「アジが溜まる場所」と「タイミング」。この2つをしっかりと考えて出かけると、「自分だけのおいしいポイント」を見つけることもあるので面白い。

1. 常連がいる場所

たとえば、「アジがよく釣れている」という情報があった初めての釣り場へ出かけた際、どこで釣れば良いのか分かりにくい。そこで目安となるのが、「人が並んでいる場所」だ。

【大阪湾2020秋】波止の良型アジを「サビキ釣り」で狙うコツ4選常連が並ぶ場所を探そう(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

常連の釣り人は毎日のように竿を出しているので、必然的にその時に釣れている場所に集まることが多く、好ポイントの目安ともなる。常連らしき人が並んでいる周辺で、その人たちにひと声をかけて入らせてもらおう。仲良くなれば釣り方や時間帯など、その時々でのタイムリーな情報が得られることもある。

2. 釣れる時間帯

夏場に釣れる豆アジは、朝夕だろうと日中だろうと、1日の中で釣れる時間帯は非常に長い。ところが、大きくなると警戒心も強くなるのか、エサを食べる時間帯が短くなってくる。

エサを積極的に食べる時間帯を「時合い」と呼ぶのだが、アジは大きくなると「時合い」が重要になってくる。基本的には日中よりも朝夕のマヅメ時が「時合い」となることが圧倒的に多い。

3. 港湾内向きがオススメ

実際のポイントとしては、大阪湾に多い大型港湾部や漁港などの波止を想定した場合、潮通しが良すぎる外向きよりも、内向きで潮がゆったりとした場所の方がよく釣れる。

【大阪湾2020秋】波止の良型アジを「サビキ釣り」で狙うコツ4選港内向きに好ポイントが多い(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

外向きはまきエサなどが流れてしまい、それを追いかけるアジも溜まりにくいことが考えられる。反面、港内は潮のヨレやよどみなど、まきエサが溜まりやすい場所が多く、「アジが溜まる場所」となりやすい。

4. 水深のある場所

極端に言うと、夏場の豆アジは、仕掛けを沈められるだけの深さがあれば十分釣れる。海底が見えていようが、魚の群れが見えていても釣れる。ところが、やはり徐々に警戒心の強くなってきたアジは、浅いポイントに上がってくることは少ない。

【大阪湾2020秋】波止の良型アジを「サビキ釣り」で狙うコツ4選ある程度水深があった方がよい(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

次のページで「釣り方の基本」を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。