【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指7本級頭にドラゴンタチウオ連日浮上

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指7本級頭にドラゴンタチウオ連日浮上

大分県と熊本県から沖釣り最新釣果情報が届いた。指7.5本サイズ頭にドラゴンタチウオ浮上中!夜焚きイカも順調で良型交じりで1人50尾ほど。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:海人丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第一Soyamaru

8月24日、大分県杵築・納屋港の第一Soyamaruが大分沖の夜焚きイカ釣りに出船。この日はいろいろと微妙にコースを考えながらポイントを選択して釣りを展開すると、開始早々に良型ケンサキイカ交じりで好ヒットが続き、午前1時に終了。釣果は釣る人で70~80尾、1人平均50尾くらいの土産をキープできたようだ。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指7本級頭にドラゴンタチウオ連日浮上いきなり良型(提供:第一Soyamaru)

第三Soyamaru

8月29日、大分県杵築・納屋港の第三Soyamaruが大分沖のタチウオ釣りに出船。今シーズンは開幕が遅れぎみのようだが、前半は良いサイズも交じりバタバタとヒットした時間帯もあったようで、見事に指7.5本のドラゴン級もゲット。終盤はやや食いが落ちぽつぽつ釣れる展開となったようだが、乗船者らは大満足の土産を確保できたようだ。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指7本級頭にドラゴンタチウオ連日浮上タチウオ圧巻(提供:第三Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指7本級頭にドラゴンタチウオ連日浮上

大分県:みくに丸

8月30日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が夜焚きイカ釣りで大分沖に出船すると、この日は乗船者らに良型ケンサキイカが順調に釣れた。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指7本級頭にドラゴンタチウオ連日浮上良型好乗り(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

熊本県:共栄丸

8月30日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、島原沖へタイラバ、テンヤ釣りに出船。マダイは中型を主体に数釣れた。ほかにも、ヒラメやマゴチも好ヒット。タイラバでドラゴンサイズのタチウオを釣った人も。タチウオ釣り専門でも出船中で、指幅6本サイズが連日釣れており、数釣りも期待できる。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指7本級頭にドラゴンタチウオ連日浮上ドラゴン出た(提供:共栄丸)
▼この釣り船について
共栄丸
出船場所:玉名漁港

熊本県:海人丸

8月30日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸は、有明海へタチウオ釣りに出船。指幅6本のドラゴンサイズを筆頭に良型が多数ヒットした。釣る人は30尾を超えており、これからも大型交えた数釣りが期待できる。キス釣りは4時間4000円からで大好評出船中だ。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指7本級頭にドラゴンタチウオ連日浮上大型タチウオ手中(提供:海人丸)
▼この釣り船について:海人丸
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指7本級頭にドラゴンタチウオ連日浮上

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年9月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。