ボート落とし込み釣りでハマチ好捕 時合逃さず本命4匹【播磨灘】

ボート落とし込み釣りでハマチ好捕 時合逃さず本命4匹【播磨灘】

9月5日、兵庫・播磨灘へマイボートでの落とし込みに出かけました。涼しい朝の時合いを狙い、ハマチ4匹をキャッチした釣行をレポートします。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

播磨灘の状況

2020年のシーズン、青物は順調なスタートをしています。8月は、イワシを食べてメジロ並みに太り、脂が乗ったハマチが釣れます。今後はさらに、たらふくエサを食べて成長するでしょう。

11月にはブリの群れも来るはずなので筆者としても楽しみ。日本海地方での落とし込み釣りは有名ですが、播磨灘でも手軽にでき、イワシなどのベイトの群れの周囲にいるハマチなどを狙います。

落とし込み釣りの基本

太ハリスのサビキ仕掛けをベイトの群れに落としていくと、ベイトがハリに食いつき、プルプルとアタリが出ます。そのまま、タナを少し下げて心静かに待ちます。すると、周囲にいるハマチが、その動けないベイトを見つけて近づくと、ベイトが暴れます。

穂先はブルブルと震えだします。次にベイトをくわえ頭を振って飲み込もうとすると、穂先はバタバタと変化して、食い込んで走り出すと、竿先がグイーンと突っ込みます。

潮が効き始めると一気に活性が上がり、面白い釣りができるのが落とし込み釣りの魅力です。筆者は例年より早く、8月から少々ハマっています。

高砂沖へボートで出船

当日は夜明け頃の5時40分が干潮で、朝に潮が動き始める日は、活性が上がり狙い目です。こんな日は、朝の潮で刺激を受け、腹を減らした魚の時合いが来ます。それも、好きな潮周りである大潮の後の中潮で、海況予報も安全な日です。これは、朝7~10時に時合いアリと見込みます。

晩ご飯のハマチを釣ったら10時に沖上がりの納涼釣りで、残暑の厳しさを逃げます。これがひとり気ままなボート釣りの良い点。納涼釣りで高砂沖へ向け6時30分出航です。

ベイトは豆アジ

魚探反応は、ベイトがイワシではなく豆アジで、底層付近に群れを作っていて、その周囲にハマチがいます。

ボート落とし込み釣りでハマチ好捕 時合逃さず本命4匹【播磨灘】朝の魚探反応(提供:WEBライター・丸山明)

ハリス8号の落とし込み仕掛けを底へ沈めます。ベイトは落としていく時に食ってくることが多いので、慎重にスピードをセーブしながら落としていき、底へ着けば2、3回シャクります。ベイトが食わなければ中層まで巻いて、再度落とすと食ってくることが多いです。

金銀の平打ちのハリにベイトが食えば、誘われてハマチが食ってくる魔法のハリです。

ボート落とし込み釣りでハマチ好捕 時合逃さず本命4匹【播磨灘】落とし込み用のハリ(提供:WEBライター・丸山明)

次のページはでハマチが連発!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。