ライトショアジギングでマゴチ手中 スピンテールにヒット【三重・津】

ライトショアジギングでマゴチ手中 スピンテールにヒット【三重・津】

8月19日、三重県津市の日本鋼管脇のテトラ帯に釣行。潮当たりがよく、魚影も濃いので人気釣り場だ。また、近接する香良洲漁港にも立ち寄った。本命マゴチをキャッチできた釣行をレポート。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・鈴木高仁)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

日本鋼管脇テトラでショアジギ

8月19日(水)、三重県津市の日本鋼管右脇のテトラ帯へ向かった。自宅を出発したのは14時ごろで、最も暑い時間帯を避けて釣行する目的だ。。

実は今回、日本鋼管脇テトラへの釣行は初。それもあって、釣行の目的は釣果を上げることよりも現地調査を優先することにした。出発前からの狙い通りに日も高く、周囲の状況を調査・観察するのにうってつけの時間帯となった。

ライトショアジギングでマゴチ手中 スピンテールにヒット【三重・津】当日のポイント(提供:WEBライター・鈴木高仁)

釣りが可能なテトラ帯は、日本鋼管の東側に位置する。雲出古川が流れる南向きにはテトラがないものの、道に沿って進むにつれて護岸されているテトラ帯が見えてくるはずだ。このテトラ帯は北向きから行き止まりの駐車場まで続いている。さらにその奥にはブロック帯が沖まで続いており、2/3程度の距離に通称「白灯台」が設置されている。

このテトラやブロック帯はいずれも外海に向いているので潮当たりが非常にいい。狙える魚種は多く、回遊があれば青物類を狙えるようだ。さらに海底が砂浜なのもあり、キス、カレイが狙える。また、テトラ帯の代名詞であるカサゴやアイナメ、メバルなどの釣果も報告されている。

当日の状況とタックル

当日のテトラ帯の天候は晴れ。出発前の予報によると風がかなり強い様子だったが、現地では強く感じることはなかった。体感的には3~4m/s程度で、ルアーや仕掛けを遠投する場合でも特に不都合は感じない。風が潮に与えている影響も小さいらしく、波は穏やか。潮回りは大潮で、満潮時刻は18時50分ごろとなっている。現時点での潮位は低くないはずだが、テトラ帯に高さがあるためか潮位の高さは見た目ほどではないと感じる。

今回はライトジギング向けのロッドを使用した。全長は9ft、ルアーの使用範囲は最大42gまで対応している。これに汎用性の高い2500番のリールをセットしたのが今回のタックルだ。ラインにはPE製の1号を150m巻き込んで使用。リーダーにはフロロカーボン3号を1m弱結んでおいた。その先にはスナップ、そしてメタルジグをセットしている。

タックルからも察して頂ける通り、今回の釣行ではジギングで青物を狙っていく作戦だ。現地調査も兼ねているため、フットワークの軽さを活かせるルアーフィッシングは好都合だ。

使用したメタルジグ

使用したルアーは28gサイズのメタルジグ。重心が後部にあるタイプで遠投が効き、水中での落下速度はやや速い一般的なタイプだ。ちなみにアクションは回転して落下するものではなく、木の葉が舞い落ちるようなスライドを行うものだ。不規則性のある落下姿勢も含み、青物にとっては効果が高いものとされている。

ライトショアジギングでマゴチ手中 スピンテールにヒット【三重・津】使用したメタルジグ(提供:WEBライター・鈴木高仁)

白灯台付近はノーヒット

まずは沖に近い白灯台付近を目指しながら、ジグの遠投を繰り返してみる。着水から着底までカウントダウンしてみると10秒以上かかった。見た目とは違い潮位が高いようだ。

移動時の注意となるが、白灯台の存在するブロック帯は平坦に組まれていて歩きやすい。しかしブロックの前方は不規則に組まれており、前に出て釣りをする場合は注意が必要だ。

白灯台まで釣り歩いてみるものの、アタリはなし。一度ブロック帯の根本まで戻り、周囲を観察してみることにした。白灯台へ続くブロック帯では、釣り人は筆者を含め5人ほど。釣り方はいずれもジギングのようだが、やはり釣果はないようだ。さらに調査を進めるため、東側のテトラ帯に足を向けた。

フカセ釣りが有効?

ライトショアジギングでマゴチ手中 スピンテールにヒット【三重・津】テトラ帯も反応なし(提供:WEBライター・鈴木高仁)

今度はテトラ帯北部から東部に掛けてのエリアを釣り歩いてみる。周囲の状況は釣り客が散発的に確認できる程度で、やはり目立った釣果はないようだ。釣り方はジギングが多いようだが、穴釣りをする釣り人の姿も見られた。

残念ながら当ポイントでの釣果はゼロ。しかもテトラを移動する中で風が強くなり、体勢が不安定気味に。波も少し高くなってきていて、テトラ前方では波飛沫が発生するようになってきた。釣り場の位置的には北から東に延びるテトラ帯の半分ほどだが、ここで切り上げることを決定。時刻は17時を少し過ぎたところだった。

約1時間に渡って調査を行ってきたが、当ポイントでおすすめの釣法はフカセ釣りや前打ちだろう。足場の悪いポイントでも、寄せエサを使うフカセ釣りなら腰を据えた釣りができる。また、長めの磯ザオを流用すれば簡易的な前打ちや穴釣りもできるし、最低限の移動でポイントを広げることもできる。

次のページで香良洲漁港へ移動

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。