『タテ釣り』でハマチにマダイにアジ 思わぬ大物に期待【三重・功成丸】

『タテ釣り』でハマチにマダイにアジ 思わぬ大物に期待【三重・功成丸】

「タテ釣り」がいい感じとのことで、8月4日に三重県鳥羽市の国崎港から出船している人気船の功成丸を訪れた。良型マダイにアジ、マトウダイにハマチなど多彩な釣果となった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

「功成丸」でタテ釣り

近年、中部エリアでも釣行する人が多くなってきたタテ釣り。このタテ釣りは、まず船長からの指示ダナへ空バリの専用仕掛けを落としてイワシをハリ掛かりさせ、そのまま海底近くまで落としてアタリを待つ釣り方。

船上で生きエサをスムーズに付けるのは苦手だという人も多いが、この釣りに関してはそれが不要。沖釣り入門者&初心者も楽しめるとあって、人気が年々高まっているようだ。

船長に近況を聞くと、前日までかなり好調だったようで、当日も7人の釣り人が集まる。くじ引きで釣り座を決め、準備が整った午前5時15分に出船となった。

グッドサイズのハマチ登場

当日は大潮で、風はほとんどなく海面はベタナギ。蒸し暑いが空は薄曇りで、午前5時40分に最初のポイントへ到着して、船長からの合図があり一斉投入となった。

操舵室の魚探を見ると、イワシの群れの反応が良く出ており、イワシのハリ掛かりに成功した人から仕掛けを海底近くまで落としてアタリを待つ。開始直後は潮がほとんど動いておらず、この影響もあってか、なかなかアタリが出なかった。

イワシの群れの反応がなくなるとすぐに移動して、またイワシの群れを探す。そして投入を繰り返していると、船中でのファーストヒットは左舷胴の間の人で、元気いっぱい走り回って、上がってきたのはハマチ。

『タテ釣り』でハマチにマダイにアジ 思わぬ大物に期待【三重・功成丸】豪快な引き込みのハマチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ハマチとはいっても、もう少しでワラサだと言ってもいいぐらいのサイズ。船長に聞いても、今年は型が良いとのことだ。

食い渋りから徐々に好転

これで皆のやる気もアップするが、期待とは裏腹に次のヒットがない。船長も「前日まで好調だったのに……」と言いながら首をかしげている。周りには遊漁船やプレジャーボートが多く集結しているので、ポイントの選定は間違いないのだが、見ているとヒットはポツポツのようで、他の船も同様に苦戦しているようだ。

『タテ釣り』でハマチにマダイにアジ 思わぬ大物に期待【三重・功成丸】マトウダイが上がった(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

その後もベイトのイワシの群れを求めて移動、そして投入を繰り返していくが、時々ハマチがヒットするぐらいで、乗船者たちからは笑顔が消え会話も少なくなる。「今日は駄目かも……」との雰囲気が漂い始めた午前10時ごろ、薄日が差してきて、潮もだんだん流れるようになってきた。

すると、船中でアタリの出る間隔が徐々に短くなっていき、ハマチのトリプルヒットも。周りのヒットに刺激されてか、皆の動きもどんどん活発になっていく。

次のページで良型マダイが浮上!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。