【伊勢湾2020】陸っぱりタチウオ釣り入門 ルアーでもエサでもOK

【伊勢湾2020】陸っぱりタチウオ釣り入門 ルアーでもエサでもOK

夏の夜の海に出かけてみれば、海中に乱舞する美しい幽霊を見ることができる。その名はタチウオ。ルアーとエサでのタチウオの釣り方を徹底解説しよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

タチウオの「フカセ釣り」

xタチウオは典型的なフィッシュイーターなのでルアーに対する反応は抜群だが、エサ釣りもまた味わい深い。電気ウキやテンヤの引き釣りも面白いが、ここでお勧めしたいのはフカセ釣りだ。

【伊勢湾2020】陸っぱりタチウオ釣り入門 ルアーでもエサでもOKフカセ釣り仕掛け図(提供:週刊つりニュース中部版 浅井達志)

タックル

タックルは、これまた何でもアリ。常夜灯周りならタチウオは足元の明暗部に群れていることが多いので、状況によってはノベザオでも狙える。

仕掛けは5号程度のハリスに市販のタチウオ用のハリ(ストレート形状のワームフックでもOK)を結び、チモトから5cmほどをビニールチューブやゴム管でカバー。あとは、ハリから50cmほど上にケミホタルをセットするだけというシンプルなものだ。

エサ

エサはキビナゴやサンマの切り身などが定番。投入したら、フォールするケミホタルの光を目で追っていく。光が見えなくなったらフワッと誘い上げ、再びフォールの繰り返し。

アタリはケミホタルの動きで見るが、捕食シーンが丸見えのことも多い。こちらはルアーと違って早アワセ厳禁。しっかり食わせてからアワセを入れよう。相手の動きが手に取るように分かることもあって、やってみると予想以上に面白い。最初はアワセのタイミングに悩まされるが、慣れてしまえば誰にでも楽しめる。

注意点

タチウオ釣りで最も注意が必要なのは、ハリを外すとき。というのも前述した通り、鋭い歯を持っているからだ。不用意に手を口元に持っていくとかまれる危険性がある。ハリを外すためのプライヤーなどは、事前に準備しておきたい。

【伊勢湾2020】陸っぱりタチウオ釣り入門 ルアーでもエサでもOK高活性時にはトップにも出る(提供:週刊つりニュース中部版 浅井達志)

タチウオはどう猛なイメージだが、意外にもデリケートな魚だ。ウロコがないため、手でつかんだり地面に置いたりするだけで致命傷となる。リリースするなら魚体には一切触れず、水面上でハリを外してあげたい。その場合、バーブレスフックは必需品だ。

食味も抜群

キープする場合は、氷でしっかり冷やして持ち帰るのがおいしく食べるコツ。鮮度落ちが早い魚なので、特に夏場は注意したい。指2本以下の新子はブツ切りにして素揚げや唐揚げ、南蛮漬けなどにすると骨ごと食べられて予想以上にうまい。この味にハマってしまうアングラーも実は多いのだ。

それでも良型が釣りたい、という場合は晩秋まで待つか、関西や静岡方面に出かけるのが正解だろう。しかし、手軽で繊細なライトタチウオもまた面白いもの。この夏、どこかで遭遇することがあれば、ぜひチャレンジしてみよう。

<週刊つりニュース中部版 浅井達志/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年8月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。