タイラバで本命45cm ヘッドのカラーローテがカギ?【福岡・第五大安丸】

タイラバで本命45cm ヘッドのカラーローテがカギ?【福岡・第五大安丸】

7月中旬、TEAM雑魚の原田さん、釣研FG(ファングループ)玄海支部の岸本さん、和田さんと4人で、福岡県宗像市・鐘崎漁港から第五大安丸に乗り込み、タイラバ釣行へ出かけた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

第五大安丸でタイラバ

福岡県宗像市・鐘崎漁港から第五大安丸に乗り込み、タイラバ釣行へ出かけた。当日は午前6時に出港し、約30分で大島沖に到着した。水深は60m、水温は20度。パラシュートは入れず、ドテラで流す。

私はイエロー蛍光系のヘッド、カーリータイプのネクタイをセットして第1投。いつもながら、わくわくしながら落としていく。

タイラバで本命45cm ヘッドのカラーローテがカギ?【福岡・第五大安丸】当日のタイラバタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

同船者にマダイ50cmヒット

船上では早くもロッドが曲がり、カナトフグやエソが釣れている。マダイを釣るなら、これらの猛襲はさけられない。

魚群探知機にもいい反応があり、すぐに和田さんにアタリで50cmのマダイが釣れた。

タイラバで本命45cm ヘッドのカラーローテがカギ?【福岡・第五大安丸】同船者にもグッドサイズ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

マダイ45cmの元気なファイト

幸先よく感じたが、潮が動かず、ドテラ流しでも仕掛けが立ったままで感じが悪い。ヘッドをオレンジ系60gにチェンジしてみたが状況は変わらず、船長は幾度となくポイントを変えてくれる。

水深50mライン、今度はゴールド系の玉60gにチェンジして落としていくと、流れに乗っていい感じだ。「デカいのがくるぞ」と感じた瞬間、ステイして2~3回巻いたところで、すぐにロッドを押さえ込み、一気にドラグが鳴った。走らせ、止まったところで2~3回ロッドをあおり、フッキングを確実にしながら戦闘体勢を整える。

何度もラインを引きずり出し、とても元気がいい。やがてブワッと浮いたのは、オフショアでは小型の45cmマダイにガッツポーズ。

タイラバで本命45cm ヘッドのカラーローテがカギ?【福岡・第五大安丸】45cmをゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

本来はこのサイズの数釣りが課題なのだが、その後はタイラバにイカがヒットして終了とした。

<週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
第五大安丸
出船場所:鐘崎漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年8月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。