美しい『婚姻色』が出たオイカワ&カワムツを狙う【埼玉・入間川水路】

美しい『婚姻色』が出たオイカワ&カワムツを狙う【埼玉・入間川水路】

8月2日(日)、埼玉県川越市付近の入間川水路で婚姻色の出たオイカワとカワムツを狙った。目的達成に加え五目釣り。終わってみれば、21尾の淡水魚に遊んでもらうことができた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・竹内尚哉)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

入間川水路で淡水小物釣り

入間川の支流なだけに水量や条件が釣果に影響を与えるが、夏は条件的にも安定しており多くの魚とも出会えるチャンスが大きい。昨年夏には私もかなり楽しませてもらえたので個人的に信頼度は高い釣り場でもある。小物釣りファンに人気があり、オイカワやカワムツなどの色物系も交じるので、五目釣りも狙える釣り場である。

美しい『婚姻色』が出たオイカワ&カワムツを狙う【埼玉・入間川水路】入間川本流の風景(提供:WEBライター・竹内尚哉)

川サカナの婚姻色とは

婚姻色とは繁殖期の雄に現れる体の色であり、明らかに通常時の体の色とは別物である。体の色を変化させて雌にアピールして選んでもらうためのようだ。今回対象魚のオイカワやカワムツは婚姻色だけでなく、顔に「追星」が出てきてより迫力が増す。こんな綺麗なサカナに是非とも癒されたい。

タックル

5.4mの渓流ザオに、ミチイト0.6号を2mほど結んで渓流釣りでいうチョウチン仕掛けにする。ハリはヘラスレバリ1号をミチイトと直結。目印を3つ付けて、オモリはガン玉を使用し、ポイントにより重さを選択する。エサは、ミミズメインで釣り、白サシを予備エサで所持した。

美しい『婚姻色』が出たオイカワ&カワムツを狙う【埼玉・入間川水路】当日のタックル(作図:WEBライター・竹内尚哉)

両本命キャッチも婚姻色は…

朝イチ6時過ぎに到着し、約1年ぶりのポイントもあるので状況確認。水量はとてもイイ感じなので、確実に釣れそうな予感。開始1投目から目印が沈みアワせると可愛い手応えだ。のっけから好調で小ぶりなカワムツが釣れて、すぐに2尾、3尾目と続く。13cmの良型も釣れて、早々から釣果を重ねていく。オイカワとカワムツが交互に掛かり、開始1時間で7尾と順調であるが、婚姻色が遠く感じる。

美しい『婚姻色』が出たオイカワ&カワムツを狙う【埼玉・入間川水路】この日の釣り座(提供:WEBライター・竹内尚哉)

広範囲を探れる「ミャク釣り」

ウキ釣りで狙っても勿論面白いのだが、複数のポイントを攻めていくので、ミャク釣りで探って狙うと広範囲に探れる。緩流帯よりも流心脇を狙い、オモリでエサが浮き上がらないように仕掛けを留めているとイイ感じにアタリがあった。

美しい『婚姻色』が出たオイカワ&カワムツを狙う【埼玉・入間川水路】流心脇を狙う(提供:WEBライター・竹内尚哉)

ついに婚姻色カワムツ

そして8尾目は、仕掛けを投入直後に豪快にサオが絞られ、サオを立てると心地いい引き。落込みの流れも味方して面白く、ある程度楽しんで引き抜くと文句なしに婚姻色満開な15.3cmの良型カワムツだった。これでなんとか目的の一つはクリアだ。早くも日が差してきて暑いので、日陰エリアに移動することに。

美しい『婚姻色』が出たオイカワ&カワムツを狙う【埼玉・入間川水路】おなかの赤が映える婚姻色カワムツ(提供:WEBライター・竹内尚哉)

オイカワも婚姻色満開

移動先は堰堤があるので滝下直下に仕掛けを入れると、勢いよくサオが絞られて楽しい。サオを立てて引き寄せるとカラフルな魚体がまた手元に。今度はもう一つの目的である婚姻色満開のオイカワである。すぐに観察ケースに入れて眺めるとかなりの満足感。

美しい『婚姻色』が出たオイカワ&カワムツを狙う【埼玉・入間川水路】ブルーが映える婚姻色オイカワ(提供:WEBライター・竹内尚哉)

これで勢いが出て3連発、アタリがなくなったので、振込み場所をかえるとカマツカが2連発して、小バス、子ブナが釣れた。開始2時間で16尾となり目的も叶えて満足したので、お気に入りだけ観察用に残し、他はリリースして上流のポイントへと移動することにした。

次のページで「ツ抜け」達成!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。