落とし込み釣りで『ハマチ祭り』開催 6号ハリス切る大物も?【鳴門海峡】

落とし込み釣りで『ハマチ祭り』開催 6号ハリス切る大物も?【鳴門海峡】

7月23日は徳島・鳴門海峡周辺へタイラバと落とし込み釣りに出かけた。タイラバは振るわなかったが、落とし込みは「ハマチ祭り」と相成った。

徳島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・濱堀秀規)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

鳴門海峡でタイラバ&落とし込み

釣友の渡辺さんに誘われて、遊漁船「愛海 」でタイラバを満喫した7月上旬、次回の乗合船が7月23、24日に空いていると言うので私は23日に予約、渡辺さんは24日に予約を済ませた。

タイラバで予約していたので、前日の夕方、車にタイラバの竿と道具を乗せたところで電話が鳴った。森英輔船長からだ。

「落とし込みをするから、飲ませ用のサビキ持ってきてね」とのこと。ということは電動リールやバッテリーも必要なので荷物が重たくなるが仕方がない。森船長は、お客さんにちょっとでも多く、そして大きな魚を釣らさせるために、事前に少しのアドバイスをくれることがある。

余分な電話をする船長は、最近は少ないように思うが、お客さん想いの森船長の性格が垣間見える。

タイラバではチャリコのみ

23日は朝5時に乗り場駐車場に着いたが、他は誰も来ていない。確か5時半出船と聞いていたが、違ったのか…。不安に思ったが、しばらくすると他のお客さんが集まり始め、なんだかホッとする。

船長が「最初は、どちらを狙いますか?」と船の前側に釣り座を構える4人組のリーダー・久龍さんに聞いている。その後、「それでは、タイラバからやります」と船長のマイク放送がありポイント到着。

いくつかのポイントを探っていくが、私はなんとかマダイの若魚である30cmほどのチャリコを釣っただけである。船の前に陣取った4人組も、苦戦しているようであったが、さすがはタイラバの名手・久龍さんは、良型のマダイを釣り上げていた。

落とし込み釣りで『ハマチ祭り』開催 6号ハリス切る大物も?【鳴門海峡】久龍さんが良型マダイキャッチ(提供:WEBライター・濱堀秀規)

落とし込み釣りで青物狙い

10時を過ぎると、「落とし込み釣りにしますか?」と船長がマイク放送。サビキ仕掛けを出して、ベイトを釣る。ハリに掛かったベイトごと仕掛けを底に落としす。着底したら2mほど上げて待つと、いきなり竿がしなり、スプールが逆転して糸が出ていく引き。明らかに青物の引きである。

最初のヒットは、幹糸6号のサビキ仕掛けが、真ん中からプッチンである。切られてしまったが「ハマチサイズちゃうわ。ブリサイズじゃ。わはは!」と上機嫌になる。

私自身、釣りは人間が勝って魚を釣り上げてしまうよりも、魚が大きくて切られたりバラしたりする、魚が勝つことの方が面白いのである。若い頃は、たくさん釣れるのが楽しかったのだが、年を重ねると、数よりも記憶に残る、楽しませてくれる1尾に喜びを感じるようになってきた。

仕掛けを太くして対応

続いてサビキ仕掛けの糸を太く8号に変更して、サビキ飲ませに再チャレンジである。仕掛けを太くすれば、魚が釣れないと言われるが、サビキにはイワシがついている。太くした仕掛けでも、ベイトが食ってくるので問題なしである。

落とし込み釣りで『ハマチ祭り』開催 6号ハリス切る大物も?【鳴門海峡】ベイトのイワシ(提供:WEBライター・濱堀秀規)

青物の反応がない

ベイトは食ってきても、イエローテール(ハマチやブリなどの青物)が食ってこない。ベイトのイワシをイエローテールは狙っている。このベイトの大きさに合わせて、イワシカラーのジギングでも釣れば面白いかも…と思った。が、あいにくこの日は、道具を持ち合わせてないので、サビキにイワシを掛けて、それをエサにし、イエローテールを待ち構えた。

ベイトのイワシはその漢字のごとく弱い。しばらくすると動かなくなる。しかし、心配ご無用。イエローテールは大食漢で、動かないイワシにも食らいつくのである。なんなら、冷凍イワシでも問題ないタイミングもある。

次のページでハマチ祭りスタート!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。