キャロ&メタルジグでの遠投アジングで良型本命連発【熊本・前島橋】

キャロ&メタルジグでの遠投アジングで良型本命連発【熊本・前島橋】

梅雨入りで水温上昇が止まって安定してきたころ、さまざまな魚の活性が上がってくる。6月25日、降雨後でも元気なアジを狙って釣行に出かけた。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

c

天草・前島橋でアジング

6月25日の夜に時間が取れたので、熊本県の天草・前島橋へアジング釣行。この時期、水潮になりやすく、魚種によっては降雨後に活性が下がることがあるが、アジには影響がない。なので、このシーズンにはお勧めのターゲットといえる。

キャロ&メタルジグでの遠投アジングで良型本命連発【熊本・前島橋】ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

いきなりシーバス60cm級ヒット

入ったのは松島の橋下。雨はやんでいたものの、強風だったためか釣り人がいない。まずはプラッギングで手前の明暗部を探る。シンキングペンシルを使用しトレースすると「ゴン!」とバイト。ドラグが鳴り、ラインが引き出される。

「これはもしや?」と思った瞬間にガバガバッとエラ洗い。60cmぐらいのシーバスがヒット!慎重に寄せてキャッチしたものの、暴れたせいか手前のポイントが潰れてしまった。

キャロでアジ連続ゲット

しばらくしたら少し沖めで単発でライズが始まったので、キャロシンカー8g+ワーム2.5inchをセット。

キャロ&メタルジグでの遠投アジングで良型本命連発【熊本・前島橋】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

キャストした後、カウント3でシャクり、フォールさせながらドリフトさせる。潮目に入った途端にコン……とバイト。すかさずアワせて口切れしないように寄せ、抜き上げてキャッチ。上がってきたのは24cmのアジ。やはりこの時期は活性が高いようだ。本命が釣れたのでひと安心。その後も同様の誘いで3尾キャッチ。

アタリがなくなってきたので、キャロのウェイトを11gにアップさせ、さらに沖にある明暗部をトレースさせるとコンッとアタリがでてヒット。キャッチしたのは22cm。やはり明暗部にいるようで、それから7連続でキャッチした。

メタルジグ遠投でアジ追釣

さすがにもういないかと思った瞬間、さらに奥の橋脚周りのヨレでライズがあるが、向かい風なので11gのキャロでは届かない。そこで、空気抵抗の少ないメタルジグ11gをキャストすると届いた。着水と同時にスローピッチ・ロングジャークで誘うと、フォール中にバイト。すかさずアワせてヒット。

キャロ&メタルジグでの遠投アジングで良型本命連発【熊本・前島橋】中型アジ連続キャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

やはり表層付近にいるようなので、同様に誘うと8ヒットし、6尾キャッチした。その後はアタリがなくなり、ボトム付近までレンジを下げて探ったものの反応もなく、納竿した。天草では、これから梅雨明けまでは中型のアジを楽しむことができる、その後は豆アジに変わるので、ぜひこのシーズンに楽しんでほしい。

<週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
前島橋
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。