【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調

【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。ジャンボイサキが好調で入れ食いタイムも。良型マダイも交じりクーラーいっぱい。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:みくに丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

熊本県:海人丸

7月4日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人(うみんちゅ)丸は、タイラバ、テンヤで天草沖に出船。写真の良型マダイも交え好ヒット。良型のアコウも追加し、好土産となった。マダコやキスも出船中でこちらも数釣れている。キス釣りは4時間4000円から。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調良型手中(提供:海人丸)
▼この釣り船について:海人丸
【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第一Soyamaru

7月5日、大分県杵築・納屋港の第一Soyamaruがイサキ釣りで大分沖に出船すると、釣り開始からジャンボイサキが順調にヒットしたほか、良型マダイも交じりクーラーはいっぱい。依然としてイサキ釣りは絶好調、釣果詳細は同船ホームページで確認を。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調大型イサキキャッチ(提供:第一Soyamaru)

第二Soyamaru

7月4日、大分県杵築・納屋港の第二Soyamaruがイサキ狙いで大分沖に出船すると、当日は雨が降ってウネリもあるタフコンディションだったようだが、それでも開始からジャンボイサキがぽつぽつヒット。数回流してポイント移動後、イサキに交じってサバ、マダイ、尾長、メバルなども釣れて賑やかな土産を確保したようだ。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調大型ゲット(提供:第二Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調

大分県:べっぷ丸

7月4日、大分県別府市・新若草港から案内しているべっぷ丸がジャンボイサキ狙いで大分沖に出船。この日はいつもより早めにポイントへと向かった結果、スタートから順調にイサキがヒットし、中盤に潮が変わるまで手堅く本命をキープしている。船長によると、長い入れ食いタイムもあったようなので、今後の展開もますます楽しみ。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調好釣果に笑顔(提供:べっぷ丸)
▼この釣り船について:べっぷ丸
【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調

大分県:みくに丸

7月6日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が五目釣りで大分沖に出船。この日はご覧のような大型イサキのほか、良型マダイ交じりの釣果が上がっている。

【大分・熊本】船釣り最新釣果 腹パン『ジャンボイサキ』が絶好調イサキ大型(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。