ジグヘッド+イカゲソ=『ゲソング』でライトゲーム対象魚にチャレンジ

ジグヘッド+イカゲソ=『ゲソング』でライトゲーム対象魚にチャレンジ

ライトゲームの対象魚は、ワームでなくても「イカのゲソ」で釣れるのか?イカのゲソをジグヘッドに付けた「ゲソング」?を、初夏の海で検証してみた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

イカゲソで「ゲソング」

私は今回、冷凍させていたイカの切り身を使用した。ゲソなんて安いものだ。スーパーに行けば、期限切れ前のものが値引きされて100円以下で売られていることもある。食用でなくても手に入れて、冷凍しておけば、いつでも釣りに行く前に解凍してエサにできる。「エサ」というか、ワームの替わりだ。

釣りの名称として強引に名付けるなら「ゲソング」。形的にも画像のような感じで、三種類ほど用意してみた。これを使ってみて、さあ、釣れるか?釣れないワケはない、と思っていた。というのも、穴釣りにだってサバの切り身など、釣りではやはり生エサが有効だからだ。

ジグヘッド+イカゲソ=『ゲソング』でライトゲーム対象魚にチャレンジイカの足は短めから長めまで三種類を準備(提供:WEBライター・井上海生)

日中のボトムでガシラ

イカの足は、流行の「匂いつきワーム」のようなものだと思う。実際、ワームにもイカフレーバーをしみこませたものがあるのだから。ジグヘッドに装着して、最初に狙ったのはテトラの隙間。軽いジグヘッドでゆっくりと沈めて、ちょん、ちょんと動かして魚の反応を待ってみると…。

やはり、簡単にガシラ(カサゴ)が釣れてくれた。むしろ、ワームを穴に落とし込むより好反応という感じ。初夏シーズンなので、さすがにサイズは小さい。

ジグヘッド+イカゲソ=『ゲソング』でライトゲーム対象魚にチャレンジゲソングでガシラゲット(提供:WEBライター・井上海生)

けれど、一応、「ライトゲームにゲソ有効説」をちょっと立証できた。よしとする。

さて、日が暮れて、ここからが本番だ。ライトゲームの二大ターゲット「アジ」「メバル」をジグヘッド+ゲソで釣ってみる。

ゲソングでメバルに挑む

まずは、居場所が特定しやすいメバルからだ。波止のキワに、タイトに、シルエットが小さめのゲソを通す。しかし、高水温のせいか、潮のせいか、なかなか反応しない。そしてこの「ゲソング」、ワームと違ってどういう通し方をすればいいのか、今イチわからない…。

ずっとゲソングをやっていると、自分が愚かに思えてくる。とはいえ、メバルはヒイカなんかも捕食するわけだ。とりあえずド表層から表中層をフワフワさせていたらいいだろう、と前向きに考えながら攻め続けた。すると、何とか1匹釣ることができた。それからは連続キャッチ。

もしかすると、時間の問題だったのかもしれない。ジグヘッドを0.4gから0.2gに落として、より表層にリグを定位させようとしたのが、良かったのかもしれない。反応がないときは、ジグヘッドをより軽くすべし、という心得は、普通のライトゲームにも「ゲソング」にも共通するようである。

ジグヘッド+イカゲソ=『ゲソング』でライトゲーム対象魚にチャレンジゲソングでメバル捕獲(提供:WEBライター・井上海生)

次のページでゲソリングでいよいよアジに挑戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。