アフタースポーンのバス攻略 行動パターン予想的中で55cm【琵琶湖】 

アフタースポーンのバス攻略 行動パターン予想的中で55cm【琵琶湖】 

6月13、14日の2日間、バスアングラーの憧れでもある、滋賀県のマザーレイク琵琶湖に訪れた。大きく状況の変化があった2日間だったが、状況の判断が見事に的中してアフタースポーンの大型バスを釣ることができた。2日間の釣行から見えてきたアフタースポーンのバスの行動について考察しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・斉藤永遠)

斉藤永遠

大阪市在住、バスフィッシングから海外の釣りまで紐解いてます。ゲームフィッシュを地形学や魚類学に則り理論的に釣りたい。日々試行回数を高めてフィールドに足を運んでいます。

×閉じる

ルアー&フライ ブラックバス

6・7月のシーズナルパターンと戦略

ブラックバスのシーズナルパターン的には、6・7月はアフタースポーンからアフター回復の個体が交じる季節である。

戦略としては、アフターのバスが比較的簡単にエサを追いやすい地形(インレット)での釣りと、アフター回復の回遊地形(岬の下方侵食点など)を、考察しながら2日間の釣りを展開した。

使用したタックル

今回は、7ftでHクラスのロッドに、16lbのフロロカーボンラインが100m巻けるベイトリールをチョイス。琵琶湖でパワーフィッシングをするうえで汎用性重視のタックルだ。

■タックルデータ
ロッド:7ft(Hクラス)
リール:レボXハイギアL
ライン:フロロカーボンライン16lb
ルアー:スパイニークロー4inch(ボスザリ)/ファットイカ(ノーシンカー)
フック:インフィニ4/0(ファットイカ)/スタンダード2/0(スパイニークロー)
リグ:ビフテキ3.5g

南湖の水路で反応アリ

今回は、知り合いのロコアングラーに、南湖に繋がる水路が好調という話を聞いたのでそこに足を運んだ。土曜日ということもあり、ポイントは管理釣り場状態で人がたくさん。天気は小雨。水路付近にはアオコが漂っており、これはある意味好条件だ。

広いポイントであれば、水の回復が早いポイントとアフター回復が回遊してくる地形がリンクする場所を選べば、比較的簡単に口を使わせることができる。水路の入り口付近が真珠の養殖場と、水辺が広くなる一つ目の下方侵食点がベストだと判断。

1投目はバックスライド系ワーム「ファットイカ」をノーシンカーでキャスト。予想通り一投目でヒットした。確実に50cmクラスのバスだったが、フッキングが決まっておらずバレてしまった。しかし、確実にこの地形に回遊してくると判断できた。

回遊ルート把握し55cm手中

少し経ってからポイントに入り直し、再び一投目でヒット。群れの1尾がアタックしてきて、その時に動いたルアーに同じ群れの他のバスが食ってきた。上がってきたのは、40cmほどのバス。

回遊ルートを把握したので、3時間ほど時間を置いて夕マズメに同じ位置、同じラインにキャストする。やはり予想通り一投目でヒット。上がってきたのは自己タイ記録の55cmのアフター回復個体だ。これは大変心嬉しい。雨の中で釣りを続けた甲斐があった。

アフタースポーンのバス攻略 行動パターン予想的中で55cm【琵琶湖】 迫力満点のランカーサイズ(提供:WEBライター・斉藤永遠)

次のページで2日目の釣行をレポート

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。