【大阪湾2020】アジングタックルでのチヌ攻略法 良型多く当たり年か

【大阪湾2020】アジングタックルでのチヌ攻略法 良型多く当たり年か

2020年は大阪南港でチヌ&キビレの魚影が非常に濃いようだ。サイズも40cm以上と良型揃い。そこで、今回はライトゲームマニアの筆者がアジングタックルでのチヌ攻略法を紹介しよう。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でチヌ&キビレ好調

2020年は大阪南港でチヌ、キビレの活性がすこぶる高い。しかもサイズは40cm以下がヒットすることはほとんどなく、大型がどん欲に口を使う。いわゆる「当たり年」なのだろうが、一年通しでほとんどアジングロッドしか使わない私は、ファーストヒットこそ驚いたが、パターンを見つけてからはこの華奢なタックルで数を釣っている。

同じポイントに、ほとんどチヌ師がいないので分からないが、専門で狙う方たちと比べても勝るとも劣らない釣果を出せているのではないか。アジングタックルでのチヌ攻略法を紹介していこう。

チヌ狙いのアジングタックル

私が使用しているのは6ftちょっとのアジングロッドだが、メバリングロッドでも問題は無さそうだ。2000番クラスのスピニングリールに、PEライン0.3号を巻いている。使用するリグは0.4~1g前後のジグヘッドに、2inch程度のワームを3種類くらい。

【大阪湾2020】アジングタックルでのチヌ攻略法 良型多く当たり年かよく使用するワーム3種(提供:WEBライター・井上海生)

そのままメバルやアジに狙いをかえられるタックルだが、小さいワームにはどんな魚のアタリも多い。あとはチヌのいる所に「ある方法」でリグを通すだけ。ヒットさせれば、華奢なタックルで大物を掛けるスリリングな気分を味わいながら、ほとんど確実に釣り上げることができる。

狙うポイントは徹底的に「キワ」

アジングの装備でチヌを釣る過程において、ポイントとなるのは「堤防のキワ」。キワとは、コーナーだけではない。海に堤防が1本通っているとしたら、その左右、どちらの岸壁際もポイントとなる。

目立った変化やストラクチャーがあるポイントにもチヌは付く。しかし、アタリを増やしたいなら、爽快にキャストしたい気持ちは抑えて、ストイックにキワを狙い続けることをおすすめする。

【大阪湾2020】アジングタックルでのチヌ攻略法 良型多く当たり年かストイックにキワを攻めよう(提供:WEBライター・井上海生)

具体的な釣り方

次に具体的な釣り方を解説しよう。

ジグヘッドは水深に合わせて0.4gから1g程度。リグが簡単には底に着かないように注意しながら、カウントダウン5、10、15とレンジを決めて探る。チヌはボトムにべったり付く魚だとよく言われるが、私の経験上としては夕マズメから夜にかけては、ボトムから1m上くらいのレンジが好反応な気がする。

基本は「レンジキープ釣法」

ワームの通し方は、アジングの「レンジキープ」と同じで、任意のレンジに入れて、後は何もしない。余計な操作はせず、ただラインテンションを維持しながら潮流にワームを漂わせておく。そのナチュラルな微波動に、じーっとワームを見せられたチヌ、キビレがたまらず飛びついてくるパターンが多い。

【大阪湾2020】アジングタックルでのチヌ攻略法 良型多く当たり年かキビレもよく釣れる(提供:WEBライター・井上海生)

リアクションバイト

もうひとつ、たまにあるのが、キワに落とした瞬間のリアクションバイトだ。これは、夜中ほとんど誰も釣りをしていないようなポイントで、上ずっていたチヌの鼻先にたまたまワームが落ちたとき。

または、日中の風が強い中で重めのジグヘッドを水中に落とした時、その場で「パクッ」ということもある。このパターンも、稀にあることを頭に入れておくと柔軟に対応できる。

次のページでやり取りについて解説

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。