【外房2020】一部解禁の『ヒラメ釣り』初心者入門 タックル&釣り方

【外房2020】一部解禁の『ヒラメ釣り』初心者入門 タックル&釣り方

外房のヒラメが一部解禁。夏は活性が高く、アタリが多いため初心者のデビューにはもってこいだ。今回は標準タックルや釣り方の基本を紹介しよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

外房のヒラメ釣り状況

外川ではすでにヒラメ釣りが開幕している。ポイントは外川沖~利根川河口が中心で、砂泥底の広いフィールドのため比較的根掛かりが少ないのが特徴。

源正丸では6月8日、3キロ頭に0~6匹。5日は7.8キロ、3日には7キロ。数・型ともに絶好調だ。

盛夏になると片貝や大原、南房でも解禁して房総はますますヒートアップする。

【外房2020】一部解禁の『ヒラメ釣り』初心者入門 タックル&釣り方6月上旬のヒラメの釣果(提供:源正丸)

外房のヒラメ釣りタックル例

次に外房で使用されているヒラメ狙いタックルの例を紹介しよう。ライトタックルを使用できる船宿は多く増えているが、釣行前に電話で確認した方がベターだ。

竿

6対4の胴調子で2.4~3.6mの専用が基本。手持ちは短め、置き竿なら長めが扱いやすい。

リール

中型両軸が標準。軽量、コンパクトでドラグ性能に優れたものを選ぼう。ミチイトはPEラインの2~4号を200m巻く。

仕掛け

サキイトはフロロカーボンライン8号1~1.5m。あまり長くすると、大物の取り込みに苦労することがあるので、50~60cmの短めでもいい。

ステイトは同3~4号。根掛かりの多いポイントでは50cm以下にする。30cmほどの短めでもいいが、タナ取りは50cm前後のほうが扱いやすい。逆に、根掛かりの心配がない砂泥底のポイントでは1mと長めにして、オモリがトントンと底をたたくようにする。

ハリスは同6号で70cm~1m。海底の状況や潮色、速さ、波の高低、釣り方などによって長さを変え、ステイトより長くしたり短くしたりと組み合わせることが大切。この「仕掛けの長短」がタナを決め、釣果を左右する。分からないときは船長にアドバイスを求める。

親バリは丸セイゴまたはヒラメの16~17号。孫バリにはチヌ5~7号や丸セイゴ16号、横流し釣りではトリプルフックも有効。また、サキイトとハリスの接続には、親子サルカンを介すのが一般的。イトの絡みを回避するために、2×3くらいの大きめの使用を勧める。

【外房2020】一部解禁の『ヒラメ釣り』初心者入門 タックル&釣り方タックル例(作図:週刊つりニュース関東版編集部)

エサの付け方

親バリは、イワシの口の中から上アゴの硬い部分に掛ける。エサが小ぶりなときは、ハリを軽い伊勢尼に替えて鼻掛けにして、エサへの負担を減らそう。孫バリは、腹掛けか背掛けのいずれか。根掛かりの少ない場所では腹掛け、多い所では背掛けと使い分けるといい。

次のページで釣り方を徹底解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。