『カットウ』釣りで40cm頭にショウサイフグ28尾【茨城・不動丸】

『カットウ』釣りで40cm頭にショウサイフグ28尾【茨城・不動丸】

5月29日(金)、茨城鹿島の不動丸からショウサイフグ狙いで出船。良型まじりの好釣果となった釣行をレポート。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

不動丸でカットウ釣り

「平日だし空いているだろう」と、出船1時間前に到着すると、予想外の盛況。船着き場前から等間隔で並ぶ列に加わって受け付けを済ませ、18号船の左舷胴の間に入った。

『カットウ』釣りで40cm頭にショウサイフグ28尾【茨城・不動丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭)

5時、菅原靖人船長の操船で港を離れる。海上はナギ、晴れて暑くなりそうだ。15分ほどでポイントへ。ほどなく投入の合図。オモリ30号のカットウバリにエサのアオヤギを4、5個縫い刺しにして仕掛けを下ろす。

本命続々ヒットで活気

水深28mの砂利底で根掛かりはない。オモリ着底と同時にイトフケを取り、底上30cmでアタリを待つ。

『カットウ』釣りで40cm頭にショウサイフグ28尾【茨城・不動丸】36cm本命ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭)

潮が濁っていたので、少し不安に思っていたが、それを吹き飛ばすように中~小型交じりで船中、次々にヒット。35cm級も上がった。こまめな流し替えで釣っていくと、徐々にアタリが減ってポイント移動。

ゲストにトラフグも

15分くらい南下した場所で再開。本命は型程度でマダコやマコガレイがぽつぽつ。しばらく流したあと、最初の場所へと戻る。

『カットウ』釣りで40cm頭にショウサイフグ28尾【茨城・不動丸】良型が多数上がった(提供:週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭)

中盤を過ぎると、潮の流れが速くなってオマツリの連続。なかなか思うように数が伸びない。そんななか、左舷トモ寄りの黒沢さんや大谷さんが大型のフグを抜き上げる。

『カットウ』釣りで40cm頭にショウサイフグ28尾【茨城・不動丸】40cm本命キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭)

このあと、小移動を繰り返しながら拾い釣り。流し替えると誰かに掛かるといった感じ。それでも型はよく、35~40cmがヒット。さらに、隣で竿を出す菊地さんが良型のトラフグを取り込んで大喜び。

ぽつぽつの状態が続いて正午に沖上がり。釣果は15~40cm8~23尾。ゲストはマダコ、マコガレイにムシガレイ、ホウボウが多数。

<週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭/TSURINEWS編>

次のページでショウサイフグの釣り方を解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。