『イカメタル』絶好機到来 覚えておきたいキホンの誘い方5パターン

『イカメタル』絶好機到来 覚えておきたいキホンの誘い方5パターン

関西各地でケンサキイカが好調だ。そこで今回は、ライトな釣りなので誰でも入門しやすく人気上昇中の「イカメタル」におけるキホン的な誘い方5選を紹介。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

キホンの誘い5選

イカメタルの基本的な誘い方を紹介する。

1.大きくスッテを上げて下げる

イカメタルでもっとも簡単な誘いのアクションはタナをかえること。イカに追いかけさせることでイカの活性を上げ、止めたところで乗せるという誘いだ。ロッドでのアクションとしてはロッドいっぱいまで上げて、そのまま下げるだけ。

このアクションの狙いは2つ。一つはスッテを見ているイカの目線からスッテを消すこと。「抱こうか、でも危険が……」というイメージでスッテを見ているイカの視界からスッテを一瞬消すことで、次に現れた時に乗せる。

もう一つは、イカの活性が高い時に大きく上げるとその動きにイカが反応する。この場合、良くあるヒットパターンが、ロッドいっぱいまで上げた後に下げようとするとフワッと食い(乗り)上げのアタリ。そんな場合はリールでラインを素早く巻き上げにかかる。

2.タナを変えず揺らす

イカの目の前で微妙にスッテを揺することで、イカの乗りを誘発する。小さく揺すっていると、揺すっている途中でグンと締め込んだり、フワッとテンションが抜けることもよくある。

また、スッテを揺らした後、ジッと待っていると、ごくごく小さなアタリが出ることも多々あり、集中力を要する釣りだ。これは、その場でスッテが揺れるため大きなアクションに比べるとイカの移動距離が短いため、居食い状態になることが多いためだ。

3.1ピッチ1ジャーク

この釣りはタナをスピーディーに広い範囲を探りたい時のリサーチ的な場面でよく使用する。基本的にはリールのハンドルを1回転させる間に、ロッドで1回シャクるアクション。

シャクリと巻き取り速度をかえることでスッテの動きもかわってくる。反応の良い早さを探したい釣りだが、水深50m程度ならどんどんタナをかえてスピーディーに探ることができるので、釣り開始時には多用するアクションだ。

4.揺らして上げからの戻し

これはその場でスッテを揺すってイカに興味を持たせ、それでも乗らない場合に大きくスッテを上げることで寄ってきたイカを動かしてスイッチを入れる。いわば、前述の(1)と(2)を合わせたアクション。

この場合も、上げたスッテに付いてきたイカが、下げ始める瞬間に乗ることがあり、テンション抜けのアタリが出るので、いつでもラインを巻き取れるように準備しておきたい。

5.上げて揺らして下げ

これはスッテをロッドいっぱいまで上げたところでスッテを揺すってイカを寄せ、下げるスッテに付いていかせてロッドを下げたタナで乗せる誘い。

この時もスッテを上げる速度、揺する幅、下ろす時のフォールスピードなどに変化を付けることで、反応の良い速度が分かってくるハズ。

次のページでアタリとアワセ方を解説

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。