あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣り

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣り

大人気の「あなたのタックルボックス見せてください」シリーズ。今回は、マイボートから活きた小魚を泳がせてブリ族を狙う『ノマセ釣り』が得意のライターが登場。アイテムや収納術を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

船釣り ボート釣り

ベイトの活きを維持する工夫

ノマセ釣りで一番大事なのは、エサとなるベイトです。アジ、サバ、イワシとありますが、どれだけ元気よく活かしておけるかが、釣果に結びつきます。釣り方で、ある程度の誘いが必要ですが、タナが取れれば、後はベイトの活きの良さが勝負です。

丈夫で元気なアジならばそれほどの心配はないものの、イワシとなると弱るのも速く、どう元気さを維持できるか。ここが肝です。

ボートにはイケスがありますが、航行中のイケス内の水流は激しく、小魚にはかわいそうなほどです。キッチンにあるようなカゴに浮力体を取り付け、ベイトを入れてイケスに浮かせておくだけで、活きの良さは大きく違います。

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣りボートに備え付けのイケス内(提供:WEBライター・丸山明)

釣り開始時に、ベイトはコンテナイケスに入れます。ボートのイケスは、獲物用にします。アジならば、海水ポンプの給水だけでOKですが、イワシの場合は、さらにエアレーションをかけます。

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣りベイト用のコンテナイケス(提供:WEBライター・丸山明)

前日にベイトを確保している時は、ボートのイケスで、エアレーションを行い、バックアップも考えてポンプ2機がけです。活きの良いエサを持っているかどうかが決まり手です。

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣りアジを活かす(提供:WEBライター・丸山明)

秋のイワシは勝ちゲームの証

青物はイワシが大好きで、17~20cmのイワシのほか、ブリ狙いには一回り大きいサバが手に入ればご機嫌ですが、活きの良さを保つのには、給水とエアレーションです。そうです。潮が効く時合いに活きのよいベイトがいれば最高です。それも秋のイワシがあれば、勝ちゲームの日です。

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣り2019年シーズンの釣果(提供:WEBライター・丸山明)

未知数のギンペイ

ギンペイとは養殖のウグイのちびっこです。小アジほどの大きさで、近年一部の釣具店で活きエサとして売られています。淡水魚ながら海水に強いので代替エサとして、少しずつ脚光を浴びているようです。

行きつけの釣具店が扱い始めたので、これからテストです。アジを釣るのに時間を浪費できないような朝一番の短い時合いの日だと、食いは落ちるでしょうが、1匹100円は、魅力的です。

昨年のように、アジ確保が至難の業になるような時ならば、あっという間に完売でしょう。群れが入り、活きの良いベイトがあれば、ほぼ間違いのない豪快なノマセ釣り。ジギングとは違う、待ち伏せの食わせは面白い釣りです。

<丸山明/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。