あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣り

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣り

大人気の「あなたのタックルボックス見せてください」シリーズ。今回は、マイボートから活きた小魚を泳がせてブリ族を狙う『ノマセ釣り』が得意のライターが登場。アイテムや収納術を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

船釣り ボート釣り

ボートノマセ釣りの魅力

播磨灘のノマセ釣りの魅力は、1mにもなるブリに出会えることです。ハマチもメジロも、その引き味は強いですが、大きいブリのパワーは比較になりません。

活きエサを食って、いきなり走り始め、それからの力任せのやり取りは、この釣りの醍醐味です。

ボートノマセ釣りのタックル

明石沖の一級ポイントの多くは、大きなカケアガリです。50m強からいきなり20mまでのかけ上がる「崖」も多くあり。そんな場所でボートは4ノット(7km/h)以上の潮に乗ります。

まず竿に求められるのは、魚の引きに負けないで、崖の上に引き上げるようにして、距離を縮めることのできる胴の強さと、食い込みの良い穂先です。

私の場合、H255という長めの竿でブリを狙います。800番の電動リールと組み合わせ、長めの竿の胴で力をためて、両手でファイトです。

もうひとつは、フルソリッドH200。400番の小型電動リールを使い、ハマチが主体の狙いには抜群です。チョクリ釣りで、ハマチ6匹の鯉のぼりにも腰砕けしない強さがあり、食い込みの良さはフルソリロッドの真骨頂で、スムーズにベイトを食ってくれます。この2本が、今のお気に入りで、青物狙いのノマセ釣りには欠かせません。

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣り2種類のタックルを持参(提供:WEBライター・丸山明)

また、忘れてはいけないのが、エサの小アジ釣りに使うサビキ用の竿です。小アジ釣りと言えども、扱いやすい竿は大事なタックルです。

ボートノマセ釣りの仕掛け

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣り小物用のケース(提供:WEBライター・丸山明)

ノマセ釣りの仕掛けは単純です。ブリ狙いでは、PEライン3号にリーダー12号、ハマチ、メジロで、PEライン2号にリーダー8号で、他の釣りでは使わない強靱な三ツ又スイベルと、大きなハリという簡単さです。

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣りノマセ釣りに使用するハリやサルカン(提供:WEBライター・丸山明)

ハリスはリーダーとほぼ同じ号数を使用して、40号のオモリ。仕掛けの肝は結び目です。「負けるものか」の力勝負なので、丁寧にしっかりと結びます。リーダーとPEラインのノットは、ラインツイスターを結構常用します。きれいに素早くできるので、技ありの機械を使います。おかげで、引っ張り合いの力勝負で、この結び目で切れたことはありません。

釣行グッズ

ここからは、ボートノマセ釣りの際に、あると便利な釣行グッズを紹介。

プライヤー

プライヤーはハリ外しの時と、仕掛けを結ぶ際に最後の締め込みで使います。だから、スプリットリング用ではなく、普通の先細プライヤーです。ヒラマサ14号なんてハリは、暴れる魚から指で外すのは危ないので、必ずプライヤーで外します。

気を付けたいのは、ハリスの結び目にプライヤーが触れないようにすること。キズが入って次の獲物で悔しい思いをしてしまいます。S字フックを何かに引っ掛けて、スイベルやハリを引っ張りながら締めこむと、8号以上の太いラインもしっかりと力が入ります。これ、優れものです。

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣りS字フックを利用して締め込む(提供:WEBライター・丸山明)

タモ

1人の釣りで大変なのが、最後のタモ入れです。そのために、片手で都合よく入れられるように、タモは大中小を用意しています。大きいタモは扱いにくいですが、これにブリが入ると、それはそれは釣り人の至福の時が訪れます。だから、タモも大事なタックルです。

あなたのタックルボックス見せてください:青物狙いのボートノマセ釣り3種類のタモ(提供:WEBライター・丸山明)

タックル収納はコンテナで

車でボートまで行く釣行なので、自宅の収納と合わせて「コンテナボックス」を使っています。ノマセ釣り、アジ、キス、タチウオ、タコ、ジギングなど、狙い物ごとにコンテナで分けて、タックルやリグを収納しています。

ハリやスイベルなど狙いもので違いますので、個別の収納が便利です。また、ある程度共通するようなラインなどは、一つにまとめていますが、狙いもののコンテナをタックルバッグに入れて、ボートに向かいます。これが一番便利で余計なものを持つことがなく、家での整理もできます。

次のページでベイトの活きを維持する工夫を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。