あなたのタックルボックス見せてください:テンヤマダイ好き女性釣り師

あなたのタックルボックス見せてください:テンヤマダイ好き女性釣り師

アングラーのタックルボックスを覗き見する人気シリーズ。今回は、ひとつテンヤ大好きの女性アングラーです。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・白井亜実)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

ひとつテンヤでマダイを狙う

この釣りはタックルがとてもライトなので荷物はシンプル、と思いきや、サイズアップを求めてやり込めばやり込むほど、年々中身が増えてきました。ひとつテンヤ船では、もちろんテンヤを使用する人がメインになりますが、タイラバのほか最近では、SLJと呼ばれる軽いジグをタダ巻きして狙う釣法も人気があり、釣り方は多様化しています。

春の乗っ込みに始まり、夏、秋、冬。産卵期や捕食しているベイトなどにより、タナや誘いのパターンは変わってきます。「前日はジグ優勢だったのに、きょうはまったく通用せず、テンヤのほうが反応がよかった」なんてこともしばしば。マダイは本当に気まぐれで、だからこそ興味深くて面白い。

あなたのタックルボックス見せてください:テンヤマダイ好き女性釣り師テンヤマダイのタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 APC・白井亜実)

私は、基本的にひとつテンヤとジグヘッドを中心に使用し、潮の流れや反応を見ながら、状況によってメタルジグやタイラバも取り入れて、魚の気持ちを探っていくというスタイルを取っています。

タックルボックス紹介

ひとつテンヤは即アワセが基本。釣りが始まるとほとんど気が抜けません。そこで、タックルボックスは邪魔にならないように、なるべくコンパクトで、移動中の波や衝撃にも強いハードタイプを使っています。

あなたのタックルボックス見せてください:テンヤマダイ好き女性釣り師愛用のハードケース(提供:週刊つりニュース関東版 APC・白井亜実)

道具と収納方法

ひん繁に使用するハサミや、万が一のライントラブルに備えた道具、つい対策を忘れてしまいそうな日焼け止めは、目につきすぐに取り出せる上段に。

あなたのタックルボックス見せてください:テンヤマダイ好き女性釣り師よく使うものは上段に(提供:週刊つりニュース関東版 APC・白井亜実)

状況に合わせて、こまめにローテーションする仕掛け類は、見つけにくいと慌ててしまうので、なるべく見やすく、必要な物だけを取り出せるよう小分けにしています。

あなたのタックルボックス見せてください:テンヤマダイ好き女性釣り師見やすく小分けに(提供:週刊つりニュース関東版 APC・白井亜実)

テンヤは2~10号、テンヤ特有のふわりふわりという動きで、エサの冷凍エビを自然にフォールさせて誘います。その日の海の濁り具合なども考慮して、何種類かカラーバリエーションをそろえておきます。孫バリのスペアも忘れずに持参。

ジグヘッドは20~50gで、ベイトの反応があったり、誘いのスピード、アクセントをつけたいときに使用します。

ジグは30~80g、日により反応のいい重さやカラーが変化するので、少し幅を持たせて用意します。タイラバは60g、80gと100g。タイラバ優勢のときのために、念のため準備しています。

あなたのタックルボックス見せてください:テンヤマダイ好き女性釣り師上下段を使い分ける(提供:週刊つりニュース関東版 APC・白井亜実)

これだけ持ち込むとボックスはパンパン。かなりの重さになります(泣)。

お気に入りの容器を活用

釣行後は、あらかじめ真水を入れておいた小瓶(お気に入りのボディローションの空き瓶を使用)に、使用した仕掛け類をすべて入れ、帰宅までに塩抜き。小さなスナップ類は、船上で風や波により取り出しにくかったり、飛ばされやすいので、リップクリームの空瓶などを活用しています。見た目がかわいいと準備や片付けも楽しくなるので、女性にオススメです♪

あなたのタックルボックス見せてください:テンヤマダイ好き女性釣り師お気に入り容器で楽しさアップ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・白井亜実)

いつも平日は仕事、週末は釣りと、慌ただしくなかなか釣行の準備に時間をかけられなかったので、時間の取れる今のうちに、ハリが伸びたりさびたりしていないかチェック。道具のメンテナンスを万全にして、いつ大物がきても大丈夫なように、次回の釣行に備えたいと思います!

<週刊つりニュース関東版 APC・白井亜実/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年5月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。