【2020夏】サーフでの投げキス釣り 機動力重視の釣行スタイル紹介

【2020夏】サーフでの投げキス釣り 機動力重視の釣行スタイル紹介

いよいよシーズン本番となるサーフを中心とした投げキス釣り。今回は「キスは足で釣れ」の格言を実践するのに必要な、機動力を生かしてサーフを探り歩くための装備を紹介していこう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・奥野太郎)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

投げキス釣りシーズン開幕

5月のゴールデンウィークを過ぎると、海水温も徐々に上がり、いよいよキスのシーズンが始まる。キス釣りはサオ1本に小型のクーラーボックス1つでできる、投げ釣りとしてはとてもフットワークが軽いスタイルだ。ちょい投げで入門し、あの「ブルブルッ!」という小気味いい感触にはまり、本格的に狙いたいと思うようになった人も少なくないだろう。

そこで今回は、これからシーズン本番となるサーフを中心とした「キスの引き釣り」に必要なタックルと、その選び方やオススメのアイテムなどをご紹介していこう。

【2020夏】サーフでの投げキス釣り 機動力重視の釣行スタイル紹介夏のサーフの主役はキス( 提供:WEBライター・奥野太郎)

キスは足で釣れ

キス釣りの名言に「キスは足で釣れ」という言葉がある。キスは基本的に群れで行動する魚なので、同じ場所にこだわらず、その居場所を早く見つけることが好釣果につながるからだ。そのためには、持って歩く道具はなるべくシンプルかつコンパクトにまとめ、サオやリールも軽いほうが疲れにくい。また日差しが強くなってくる季節でもあるので服装やシューズにも気を配りたい。

【2020夏】サーフでの投げキス釣り 機動力重視の釣行スタイル紹介軽装で浜を探り歩こう(提供:WEBライター・奥野太郎)

投げキスタックル

サーフ(砂浜)で釣る場合、特に遠浅の場所ではキスがいるポイントまでが遠いことが多く飛距離が必要となってくるので、できればサオは3.85~4.05m、オモリ負荷20~30号クラスから、体格や体力に合ったものを選んで挑みたい。

【2020夏】サーフでの投げキス釣り 機動力重視の釣行スタイル紹介私が引き釣りに使用しているサオ(提供:WEBライター・奥野太郎)

リールも投げ専用のドラグ無しの軽量モデルが持ち疲れしにくく、ミチイトはPEライン0.8~1.2号くらいが扱いやすいだろう。投げ用のPEラインは200m巻きが一般的なので、スプールもそれに合ったものを選び、あとはテーパーライン(PEライン1〜7号など)をつなげはOKだ。

【2020夏】サーフでの投げキス釣り 機動力重視の釣行スタイル紹介リールはドラグ無しの軽量専用モデルがお勧め(提供:WEBライター・奥野太郎)

この組み合わせで遠投が可能になるので、まずは100mを目標にしてみよう!

投げキスの天秤と仕掛け

テーパーラインにつなぐのはまず天秤で、その先に仕掛けとなる。上級者になると自作のフロート天秤を用いたり、仕掛けも多点掛けを狙って50連結で売られているものを好きなハリ数でカットして使ったりしているが、慣れるまでは一般的な固定式のKAISO天秤やデルナー天秤で、サオに適合した号数のものを選べば問題ない。

【2020夏】サーフでの投げキス釣り 機動力重視の釣行スタイル紹介固定式テンビン(提供:WEBライター・奥野太郎)

引き釣りの場合、天秤のアームの反発力が自動的にアワセになるので、遊動式はあまり使わないので購入の際はご注意を。

仕掛けは、釣れるキスのサイズに合わせてキスバリなら5~8号あたりで、2~5本仕様の市販仕掛けが手軽でオススメだ。

【2020夏】サーフでの投げキス釣り 機動力重視の釣行スタイル紹介手軽な市販仕掛け(提供:WEBライター・奥野太郎)

次のページで釣行グッズや服装について解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。