手バネを使った『シャクリマダイ』釣り入門 手軽な道具立てで真剣勝負を

手バネを使った『シャクリマダイ』釣り入門 手軽な道具立てで真剣勝負を

内房の上総湊ではマダイの釣果が急上昇。各船釣況や同地を代表するシャクリマダイ釣りの基本について解説。手軽な道具で真剣勝負が魅力の釣りだ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

各船の釣況

各船の日並みの釣果は以下の通り。

とう市丸では2kg頭に3~11尾。別船では0.3~1.5kg1~7尾。

彦次郎丸では2.8kg頭に2kg超え含み2~5尾。別船1~4尾。3.4kgほか2~3kg超えが多数交じる日もあった。

加平丸では2.5kg頭に1kg超え主体に0~2尾別船では0.6~1.8kgトップ6尾。今シーズンは4.7kgが上がっている。

手バネを使った『シャクリマダイ』釣り入門 手軽な道具立てで真剣勝負をとう市丸での釣果(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

シャクリマダイ釣りとは

手バネと呼ばれる先調子のイト巻き付きの竿を使用する道具立てが特徴。竿の柔軟さやリールのドラグ機能に頼らず、イトを出し入れする釣り人の腕で釣果が左右するため、シンプルゆえに奥深い。

手バネを使った『シャクリマダイ』釣り入門 手軽な道具立てで真剣勝負をとう市丸にて(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

シャクリマダイのタックル&仕掛け

タックルや仕掛けは図参照。特徴的なのは、ヒロ単位(通常1ヒロ=1.5mまたは1.6m。船宿により異なるので要確認)を使用することだ。慣れない場合は船長にすぐ聞けばm換算で教えてくれる。

手バネを使った『シャクリマダイ』釣り入門 手軽な道具立てで真剣勝負をタックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

仕掛けは1ヒロ、10ヒロなど、主要な長さごとにマーカーを付けておく。イト巻きは3巻きで1ヒロが一般的。船宿には貸し竿が用意されているので初めての人はまずは貸し竿で挑戦してみるといい。

シャクリマダイのエサ付け

活エビが用意されることが多いが、漁の関係で獲れない場合もあるので、有無が気になる人は事前に確認したほうがいい。ただ、上手い釣り人はエサに関わらず釣る。せっかくの活エサもエサ付け次第では意味をなさなくなるので、イラストを参考に確実に手早く行う。

手バネを使った『シャクリマダイ』釣り入門 手軽な道具立てで真剣勝負をエビ餌の付け方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

次のページでシャクリマダイの釣り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。