【響灘】船釣り最新釣果 タイラバ&SLJで良型の乗っ込みマダイ顔見せ

【響灘】船釣り最新釣果 タイラバ&SLJで良型の乗っ込みマダイ顔見せ

九州は響灘エリアから沖釣り最新釣果情報が届いた。タイラバ&SLJで良型の乗っ込みマダイが顔見せ。その他、アジ泳がせでの根魚も好調だ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:Trip)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

誠昭丸

北九州市門司・片上港の誠昭丸は、響灘にイサキ五目で出船中。蓋井島周辺では、イサキ35~42cmが7~15尾だが、大型が多く、水温上昇で数釣り期待。ほかにもヒラマサやブリ、マダイ、チダイが交じった。沖ノ島周辺では、イサキ食い渋りがあったが中型主体で10~20尾。ほかにもマダイ1~3kg釣る人6尾、ヒラマサ2~6kgと多彩に釣れた。写真は4月6日の釣果。

【響灘】船釣り最新釣果 タイラバ&SLJで良型の乗っ込みマダイ顔見せイサキ五目で好土産(提供:誠昭丸)
▼この釣り船について
誠昭丸
出船場所:片上港
TEL:090-8664-5756

天力丸

北九州若松の脇田漁港・天力丸が4月3日にアジ泳がせ釣りで響灘方面へ。当日は天気、海況も良く、魚も活発でアタリも多く、良型タカバ、アコウ、アラ、チカメキントキ、ボッコなどが多彩に釣れて写真のように乗船者の人たちはクーラーを満たす好釣果を得ていた。今後も出船できればアジ泳がせ、メバル釣りともに釣果も期待十分。

【響灘】船釣り最新釣果 タイラバ&SLJで良型の乗っ込みマダイ顔見せアジ泳がせ活況(提供:天力丸)
▼この釣り船について:天力丸
【響灘】船釣り最新釣果 タイラバ&SLJで良型の乗っ込みマダイ顔見せ

光生丸

4月4日、北九州市若松区・北湊の光生丸がジギング・ライトジギング・SLJで響灘に出船すると、朝イチから青物主体に入れ食いとなりヒラマサ4kgやブリ6kgなどをキャッチ。ほかにもアカハタ、アラカブ、アコウなどを数釣りリリースも多数したとのこと。昼過ぎからシケ模様となり終了したようだが、短時間でも賑やかな釣果が上がり乗船者らは大満足だったようだ。

【響灘】船釣り最新釣果 タイラバ&SLJで良型の乗っ込みマダイ顔見せ大型青物入れ食いも(提供:光生丸)
▼この釣り船について
光生丸
出船場所:北湊泊地

GREEN

4月6日、北九州市小倉北区・高浜港のGREENはタイラバとジギングで響灘に出船した。無風かつベタナギで船があまり動かない状況だったが、乗船者らは4kg級のヒラゴを頭に数ヒットさせた。ほかにも、チカメキントキやヒラメなど釣る人もおり、好土産を持ち帰っている。

【響灘】船釣り最新釣果 タイラバ&SLJで良型の乗っ込みマダイ顔見せヒラマサ(提供:GREEN)
▼この釣り船について
GREEN
出船場所:高浜港

Trip

4月6日、北九州市戸畑港から案内中のTripがタイラバ&SLJで響灘に出船。辛抱する時間帯もあったようだが、船中では大型マダイ74cmを筆頭に67cm・66cm含め順調にキャッチ。ほかにも大型アマダイ、アオナ、ボッコ~アラカブ、ヒラゴ3kgなどを交えいい土産ができたようだ。

【響灘】船釣り最新釣果 タイラバ&SLJで良型の乗っ込みマダイ顔見せタイラバ快釣(提供:Trip)
▼この釣り船について
Trip
出船場所:戸畑港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。