【相模湾2020】ビシアジ釣り徹底攻略 コマセの振り方で釣果に差

【相模湾2020】ビシアジ釣り徹底攻略 コマセの振り方で釣果に差

一年を通じて安定釣果で楽しませてくれるアジ。初心者が入門しやすく、ベテランにも人気は抜群だ。各地でさまざまな釣り方があるが、今回は相模湾のビシアジに注目。そのタックルから釣り方のコツまでを徹底ガイドする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:洋征丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

最近の釣果

神奈川・小坪の洋征丸では4月6日、39cmを頭に12~49尾。

【相模湾2020】ビシアジ釣り徹底攻略 コマセの振り方で釣果に差良い釣果が続いている(提供:洋征丸)

ほか2.5kgのメダイ、イシナギ、ヒラメ、カイワリ、アマダイなど魅力的な土産が交じった。

【相模湾2020】ビシアジ釣り徹底攻略 コマセの振り方で釣果に差イシナギまで(提供:洋征丸)

相模湾ビシアジ釣りのタックル

相模湾ビシアジ釣りで使用されるビシアジ釣りのタックルを解説。

ロッド

ビシアジ釣りに使用する竿は1.5~2.1mでオモリ負荷60~150号の軽量かつ柔軟なロッドがポピュラー。1.8m程度で専用調子の通称ビシ竿も定番だ。

【相模湾2020】ビシアジ釣り徹底攻略 コマセの振り方で釣果に差ビシアジ用のタックル例(作図:週刊つりニュース関東版編集部)

メインに用いられる130号(一部ではさらに重たい150号)のビシをぶら下げた時に中間部から曲がり、船の揺れをほどよく吸収する柔軟性と、タナでコマセをピンポイントにまくことができるものが適切。

リール&ミチイト

狙う水深は100m以上になることが多いので、中型電動リールが一般的。ミチイトはPEライン3~4号を200~300m巻く。

相模湾ビシアジ釣りの仕掛け

天ビン

腕長30~40cmが基本。まいたコマセと仕掛けを同調させやすくするために20~30cmと短めを使用してもいい。

ビシ

前述の通り号数は130号が標準だが、ビシの大きさは海域ごとに規制があり、宿によってミンチのひき方が違う。ビシの網目とコマセのこまかさで出方が変わってしまうので、慣れないうちや初めての船宿ではビシを借りたり、船宿で購入することを勧める。

また、竿の硬さや潮の速さでもコマセの出方は変化する。目の大きさの異なるビシを用意して使い分けることで、釣果を伸ばすことも。

クッションゴム

天ビンの先から仕掛けの間に介す。バラシ防止や天ビンへの絡み防止の効果がある。柔軟性のあるソフトタイプを、仕掛けとのバランスを考慮して1.2~1.5mm径で20~30cmの長さのものを取り付けるのが好適。

ハリス

仕掛けの全長は2m前後。太さは2号を基本とし、食い渋り時には1.7号の細めを使用する。枝スは20~30cmセットする。巻き付いたり絡んだりするようなら、15cm前後の短めにするのもいい。深場を狙うためターゲットが中~大アジになる上に、ゲストが掛かることを配慮して3号までを勧める船宿もある。活性が高い場合は太めでも問題ない。

ハリ

2~3本がスタンダード。ムツ10~11号を使用する。ハリ色は金を基本に、サバが多い時は銀、濁り潮は緑、澄み潮なら赤系など使い分けても面白い。大型がヒットするようならサイズを11~12号の大きめを使うとバラシの軽減になる。

エサ

付けエはイカを食紅で染めた通称・赤短(あかたん)が一般的。春先の濁り潮や水深100m以上の深場では、海中で光ると言われる青イソメが有効。前者はチョン掛けに、後者はチョン掛けまたは通し刺しにしてタラシは3cmほどにする。

次のページで具体的な釣り方を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。