多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】

多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】

3月21日(土)、茨城日立港久慈漁港の明進丸からオキメバル狙いで釣行した。この日は25~28cmの5点掛けや32cmの大型が掛かるなど、数・型ともに納得の釣行となった。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

明進丸でオキメバル釣り

釣行前日、明進丸の関・船長に電話で、出船可否、集合場所・時間を確認し、当日は集合時刻の30分前に漁協建物前の岸壁にある船着場に到着。5時から受け付けを開始。

多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】明進丸出船場所(作図:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

予約順に乗船し、希望の場所を選ぶ。釣友の江原規夫さんが右舷の3番、私は隣の4番。

5時半、左舷8人、右舷8人でオキメバル船は出港。北東へ走り航程30分で釣り場に到着。海況は晴れ、風は西からわずかに流れる程度でナギ。潮の色は澄んだ青緑色で流れはあまりない。

多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】朝日を浴びてポイントを目指す(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

開始すぐに釣れだすも単発

5時半、船首を南西へ向けた船長から「いいよ。水深65m、オモリが底に着いたら1m上げて」と投入の合図。

多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】神長さんに尺級メバル(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

開始3分で左舷ミヨシの髙橋さんが27cmオキメバル。左舷3番の神長さんは30cm級、右舷2番の庄司さん27cm。

多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】高橋さんに良型メバル(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

20分ほどで、左舷後方4番目の吉田さんに27cm抱卵本命。右舷2番の庄司さんが2尾目を上げるが、いずれも単発。

多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】吉田さんも良型(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

ポイント移動で多点掛け

6時40分に小移動、船長から「底の起伏が多い場所なので根掛かりに注意して」とアナウンスがあり、タナ取り直後の江原さんの竿が大きく暴れた。上がってきたのは25~27cm3点掛け。上から2、3、4番目のハリに掛かっていた。

多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】江原さんに3点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

右舷ミヨシ、同2番、左舷ミヨシで24~28cmが単発で上るのをはさみ、左舷4番の久保田さんに25~27cm3点掛け。

多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】久保田さん3点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

7時半から私も竿を出したが、2流し目でオモリが底をたたく位置でタナ取りするとアタリ。根掛かりさせないようにゆっくりと1m巻き上げ、1分間追い食いを待ったが変化なし。電動低速で巻き上げると、下バリに30cm級ムシガレイ。

多点掛けで数釣り堪能 37cm頭にオキメバル37尾【茨城・明進丸】私のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

次のページで5点掛け達成!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。