【三重】沖のルアーフィッシング最新釣果 30kg超ビンチョウマグロ浮上

【三重】沖のルアーフィッシング最新釣果 30kg超ビンチョウマグロ浮上

三重県からオフショアルアーフィッシングの最新情報が届いた。トンジギ絶好調で30kgオーバーのビンチョウマグロが浮上。その他、乗っ込みマダイに春アオリにも注目!

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:山洋丸)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

フィッシングつむら

三重県・紀北町矢口浦のフィッシングつむらでは、レンタルボートで春のアオリイカが狙いめだ。15日は矢藤さんら3人がティップランでアオリイカ1.6kgまでを4匹とコウイカ1匹。矢口浦もいよいよデカイカシーズン突入だ。

【三重】沖のルアーフィッシング最新釣果 30kg超ビンチョウマグロ浮上春アオリイカ急伸(提供:フィッシングつむら)
▼この釣り船について
フィッシングつむら
出船場所:矢口浦

フィッシング光栄

三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄では、マダイにアマダイの大型が出ている。13日清水さんはアマダイ50cmにマダイ40cm、ほかにキダイやイトヨリ、オオモンハタなど多彩な釣果。同日中尾さんは73cmの大マダイを仕留めている。

【三重】沖のルアーフィッシング最新釣果 30kg超ビンチョウマグロ浮上マダイ73cm(提供:フィッシング光栄)
▼この釣り船について
フィッシング光栄

エヌテックマリン

三重県・紀北町引本浦のエヌテックマリンでは、春のアオリイカが急上昇中だ。13日には2.16kgと1.92kgが出ている。さらにタイラバやジギングではマダイ、タチウオ、エサ釣りでは大判のカワハギも好調だ。また半夜便ではスルメイカ中心にアカイカも交じって、好釣果が出ている。人数が少なければイカの泳がせでヒラメなども狙えるぞ。

【三重】沖のルアーフィッシング最新釣果 30kg超ビンチョウマグロ浮上良型アオリイカ(提供:エヌテックマリン)
▼この釣り船について
エヌテックマリン

丸安丸

三重県鳥羽市小浜から出船している丸安丸では、タイラバでマダイが絶好調だ。17日は井谷さんら4人が良型主体にマダイ16匹、ヒラメ3匹。15日は伊藤さんら5人がマダイ17匹とホウボウ。13日は安村さんら5人が、マダイ29匹にヒラメとホウボウ3匹。鳥羽沖にも乗っ込みの群れが入ってきたようで、60cmアップのちらほら交じる。今後も期待したい。

【三重】沖のルアーフィッシング最新釣果 30kg超ビンチョウマグロ浮上タイラバ好調(提供:丸安丸)
▼この釣り船について
丸安丸

山洋丸

三重県鳥羽市本浦から出船している山洋丸では15日、ビンチョウマグロ狙いのジギング(トンジギ)で出船。この日は大型ばかりの群れに当たり、20kgオーバーのタネトンばかりがヒット。中には30kgオーバーも交じった。いよいよ本番を迎えたトンジギ、これからが楽しみだ。

【三重】沖のルアーフィッシング最新釣果 30kg超ビンチョウマグロ浮上ビンチョウ爆裂ヒット(提供:山洋丸)
▼この釣り船について
山洋丸
出船場所:山洋丸桟橋

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。