トレンドは電車でGO!:足場良い『明石市役所裏ベランダ』でメバリング

トレンドは電車でGO!:足場良い『明石市役所裏ベランダ』でメバリング

電車で行ける釣り場の中で足場が良好な兵庫「明石市役所裏ベランダ」を紹介しよう。ここは人気がある釣り場なので入る場所に苦労する事もあるが、多彩な魚種が楽しめる。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・原田誠司)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

明石市役所裏ベランダ

兵庫・明石市役所裏のベランダは足場が良く手すりもあるのでファミリーフィッシングにもお勧めの釣り場だ。JR山陽本線または山陽電車の明石駅から南へ15分ほど歩いた場所に位置する。JR山陽本線の新快速に乗れば、大阪駅から明石駅まで約40分で到着する。

トレンドは電車でGO!:足場良い『明石市役所裏ベランダ』でメバリング足場も良く広いのが魅力(提供:WEBライター・原田誠司)

ここは明石海峡に面する釣り場のため潮流が速いので、潮流が緩い時に釣行すれば釣りがしやすいだろう。

メバリングがオススメ

年間を通して様々な魚種を楽しむ事ができる釣り場だが、今の時期の面白いターゲットといえば、やはりメバルである。サイズの割に強い引きが魅力の魚で、狙える魚種が少ない寒い時期でも楽しむ事ができる貴重なターゲットだ。

トレンドは電車でGO!:足場良い『明石市役所裏ベランダ』でメバリングターゲットはメバル(提供:WEBライター・原田誠司)

この釣り場では季節によっては、アジなども面白いので、ライトゲーム用のタックルがあれば1年中楽しむ事ができるだろう。ライトゲームなら荷物が少ないので、電車での移動が楽である。

オススメのタックル

ライトゲームのオススメのロッドは、ジグヘッド単体の釣りを中心に楽しむのであれば、長さが6ft前後のアジングロッドやメバリングロッド、フロートリグも使うのであれば7ft以上のロッドが良いだろう。

ちなみに私はアジングロッドである権蔵鯵丸622LSやメバリングロッドである根魚権蔵エアーK60EFや70EFを愛用している。リールはライトゲームに最適なネロスト1000S、ラインはフロロカーボンの2lb前後を使っている。ルアーは1g前後のジグヘッドにワームは1.5inch前後のピンテール系を中心に使うのがオススメ。

トレンドは電車でGO!:足場良い『明石市役所裏ベランダ』でメバリングオススメタックル(作図:WEBライター・原田誠司)

キャッチした魚をつかむ時のためにフィッシュキャッチャーRミニなどがあれば、リリースをする魚にも優しいし、魚の棘などで指を傷つける事も防止できるので持参しておきたい。

トレンドは電車でGO!:足場良い『明石市役所裏ベランダ』でメバリングフィッシュグリップ使用がオススメ(提供:WEBライター・原田誠司)

メバリングは小潮が狙い目

この釣り場は多くの釣り人で賑わっている事がよくあり、空いている場所を見つけて釣りをする事になるケースが多いと思うが、この釣り場では一帯でメバリングを楽しむ事ができる。

潮流が速い事で有名な明石海峡に位置するので、軽いジグヘッドではすぐに流されて釣りにならない事もある。軽いジグヘッドが使いやすい、潮の流れが緩めの時間帯や小潮の日に釣行するのがオススメだ。

潮流が速い時のために、少し重めのジグヘッドも用意しておいた方が良いだろう。

潮のヨレを狙う

基本的には潮がヨレる場所を探して、その場所を中心に様々なレンジを狙っていただきたい。メバルが手前でヒットする事もけっこうあるので、足元まで気を抜かずにじっくりと探ろう。

トレンドは電車でGO!:足場良い『明石市役所裏ベランダ』でメバリング広いレンジを探ろう(提供:WEBライター・原田誠司)

ボトムではガシラも

漁港のような数釣りはあまり期待できないが、20cm台後半の大型が姿を見せてくれる事もある。底を狙えばガシラも楽しめる。

これから水温が上昇してくると様々な魚種で賑わうようになり、楽しい釣りができるだろう。

<原田誠司/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
明石市市役所裏ベランダ
所在地:兵庫県明石市

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。