伊万里湾ティップランエギング 船中1kg超多数顔見せ【イーフレンズ】

伊万里湾ティップランエギング 船中1kg超多数顔見せ【イーフレンズ】

3月9日、大潮。佐賀県伊万里市・久原港から出船中のE Friends(イーフレンズ)を利用して、伊万里湾へティップラン・エギングに行ってきた。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

伊万里湾でティップラン

1か月ほど前に予約した時「3月の2週目なら、もしかしてキャスティング(シャローエリア)もするかもしれないので、キャスティングタックルも持って来てください」とのことだったので、ティップランタックルと2セット用意していた。

数日前、江口船長に状況を確認した。まだシャローは小型がぽつぽつしか釣れてないとのこと。そして前日「明日はティップランをメインでいきます」との連絡があった。

伊万里湾ティップランエギング 船中1kg超多数顔見せ【イーフレンズ】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

持っていくタックルは、ティップラン1本に絞った。午前7時に出船。ポイントまでは約30分。水深20m前後を流していくそうだ。

400g級アオリイカゲット

ポイントに到着し、船長がティップラン初挑戦の女性アングラーにひと通りの釣り方の流れをレクチャー。そして、やはりファーストヒットは女性アングラー。これ、遊漁船あるあるだ。

風がやや強く、TRシンカー7gを付けた。2回目の着底後、ボトムからあまり離さないイメージで、ゆっくりシャクる。このスタイルで400gを1尾キャッチ。

ウェイト調整し1kgクラス登場!

ポイントを転々とし、9時30分に風もやみ、シンカーを外した。エギ王TR(ミステリーパープル)のみで少しキャストし、先ほどのシャクリで攻めてみた。今度はティップがツンッと戻った。即アワせた。今度はラインも出て、いい感じだ。1kgクラスをキャッチ。うれしい1尾だった。

伊万里湾ティップランエギング 船中1kg超多数顔見せ【イーフレンズ】1kg級キャッチに笑顔(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

船中釣果

その後、トモ(船尾)の同船者にこの日最大の1.5kgがヒットし、納竿時間を迎えた。この日、船中1.5kg頭に1kgアップが多数上がり、ティップランゲームを楽しめた。船長からエギのカラーの選び方など教わり、いい勉強になった。キャスティングシーズンが始まる前に、もう一度ティップランに行きたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
E Friends
出船場所:久原港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。