電動リール用バッテリーのキホンと選び方 中古購入には要注意?

電動リール用バッテリーのキホンと選び方 中古購入には要注意?

船釣り、特に電動リールを使用する時に必ず要るのが電源だ。船釣りの場合は船に電動配線が設備されている場合も多いが、出来ればバッテリーは持参する事をオススメする。その理由と、種類やメンテナンスなどを紹介。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

船の電源利用について

ここまで電動リール用のバッテリーについて紹介してきたが、最初に電動配線の整った船も多い・・・と紹介した。もし、船に設備されている配線が使えるなら持参は不要なのでは・・・と思われる。が、実はそうではない。

船の電動配線は、確かに容量も大きいのだが、数多くの釣り人が同じ配線を使用するので、どうしても不安定になる。たとえば、船長の合図でいっせいに仕掛けを上げる時などは、電圧が下がって巻き上げが遅くなったり、リールの機能そのものが最大限発揮できない、最悪の場合はリールの調子が悪くなったりする事もある。

持参バッテリーなら、自分だけの電力なのでそんな心配は無用である。できれば、自分で用意しておきたいものだ。

中古品に注意

最後に電動リール用バッテリーについての注意を。電動リールは充電式の乾電池などと同じく、繰り返し充電をするのだが、その回数には制限がある。さらに、充電するごとにほんの少しずつ容量が減ってくるので、何100回と充電を繰り返すうちに、どうしても容量が少なくなる。

と言う事は、中古品などでかなり使用頻度の高いバッテリーはそれだけ、容量が小さくなっていると言う事も頭に入れておきたい。

<松村計吾/TSURINEWS関西編集部>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。