ご近所チョイ投げ釣行でキス入れ食い!

ご近所チョイ投げ釣行でキス入れ食い!

チョイ投げでのキス釣り【タックル】

タックルはお手軽なもの。
6ftから9ft位のルアーロッドが使いやすいです。コンパクトロッドでも十分使えます。
私は距離によって使い分けています。

30m以内なら6.4ftのアジングロッドに0.4号のPE。オモリは4号まで。

30mから100mを探る場合は9.6ftのシーバスロッドに1号のPE。オモリは15号程度まで。

チョイ投げでのシロギス釣り【仕掛け】

1番ここでこだわるのは天秤です。

私はアポロアーム(ガルフマン)とハイブリッド天秤 KISUを使用しています。

アポロアームの方がカゴ釣り用なので少々硬めで張りがあるので活性が高い時に主に使用します。

ハイブリッド天秤KISUは食い込み抜群なので大型狙いで使用します。

次に針です。
市販のチョイ投げの仕掛けでも十分です。
針は小さめの4号から6号がいいでしょう。
キスは口が小さく、餌を吸い込むように食べるのでキス用の針や袖、流線針など吸い込みやすく軸の長い針を使用します。

個人的なおすすめは投げ釣り用に市販されている50本連結などの仕掛けがオススメです。針数が自由に変えられる上、小さい針で作られることも多いからです。

私は自作と市販品を持ち歩いています。このふたつで自分のチョイ投げは全てカバー出来ています。

チョイ投げでのシロギス釣り【釣り方】

遠くに投げてから着底したらゆっくりサビいて来ます。

海底をサビいていると途中で少し重さが変わるところがあります。それは海底の起伏なので1度止めるといいでしょう。
海底の起伏にはシロギスが着きやすいです。

とにかく数釣りたいなら投げっぱなしにせずにサビくこと!
広範囲を探って数を伸ばしましょう。
シロギスは群れでいるので1度釣れたところを覚えておきまた通してみましょう。

シロギスは臆病な魚なので重りの着水音ですら逃げてしまうことがあります。
そのためキスのいるところが分かったらそれより10m以上先から探ってくると群れが散らないで連発できます。

チョイ投げでのシロギス釣り【実釣】

以下のことを考慮し近場の江ノ島にシロギス釣りに行きました。

餌はアオイソメ。針5号の2本でスタートです。
メインの堤防は人が多く入れないので隣の小磯です。
シーバスロッドでアポロアームを100m程投げてサビいてきます。50m付近から当たりが多くあります。
開始30分で15cm程のキスが15匹。

そうこうしていると堤防が空いてきたので移動します。
堤防の方が多少水深あるので足元から中距離までかなりの当たりがあります。
堤防では3本針を使用しました。
近距離だとシーバスロッドで当たりを弾いてしまうこともあります。そんな時にはハイブリッド天秤KISU。
弾くあたりも少なく、良型が続々と釣れました。

気づくと夕暮れ。
初日はピンギスをリリースして計60匹程。
2日目に続きます。

破顔一笑の大型連発!

日も傾き始めた頃。
メインが20cmを超えてきます。

この日一際大きな当たりで来たのは26cmの大型シロギス!

なかなかお目にかかれない大型!
これにはもう嬉しさが爆発です。

まさかの立て続けに25cmが何本も。
これには笑うしかありません。
近場の観光地である江ノ島でチョイ投げで大型連発できるなんて!!

2日まとめ

結局2日目は大型ラッシュもあり4時間で150匹程。持ち帰りは80匹程にしました。

こんな近場で楽しい釣りができるとなるとやめれませんね!

安全対策しっかりして釣りに行ってください。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。