夢のロクマル狙いの磯フカセ釣り 65cm尾長グロ浮上【男女群島】

夢のロクマル狙いの磯フカセ釣り 65cm尾長グロ浮上【男女群島】

2月22日に「男女群島」へ、夢のロクマル(60cm)尾長グロを求めてフカセ釣行。数は過去最低だが、大型を集中にすることが出来た。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

男女群島でロクマル狙いフカセ釣り

そんな雰囲気を脱しようと、2月22日に憧れの磯・男女群島(長崎県五島市)へ、夢のロクマル(60cm)オーバーの尾長(オナガ)グロを求めて釣行した。

なじみの、あじか磯釣センター(平戸市田平)へ、釣友の丸山君と車を走らせた。天気予報は晴れだったが、前日は大荒れの天気だったとのこと。私たちの船は無事に出船することができた。

午後1時30分に田平港からブラックヘラクレスで出船し、約3時間で男女群島に到着。船内は満員状態で、船長は手際よく釣り人を渡礁させてくれた。しかし、西磯は波が高くて断念。私たちは中の島(寄島)のカベ2番に渡礁。夕マヅメを狙い、早速、釣りの準備に取りかかった。

当日のタックル・仕掛け・エサ

まきエサは、オキアミ生3角にグレパワーV9徳用1袋とグレジャンボ1袋を混ぜ、魚を浮かせて縦の釣り(アタリがでやすい)をイメージ。

サオは2号、ミチイトはトリビュート磯4号、ハリスはハードトップ5号をセット。ハリは強靭なZEEKグレ尾長4号を使用。風が残っていたため、2段ウキを使用。

夢のロクマル狙いの磯フカセ釣り 65cm尾長グロ浮上【男女群島】当日のタックル(画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

夕マヅメまさかのノーヒット

遠征の第1投。ドキドキしながらまきエサをまき、仕掛けを入れる。

例年ならキュン!とウキが消し込まれ、フィーバー(入れ食い)の始まりとなるはずだが、まさかの生体反応なし。クロ釣り聖地の男女群島ですら食い渋りのようだ。

何のアタリもないまま夜になってしまった。夜尾長狙いの仕掛けにチェンジ。電気ウキに替え、サオを太くし、ミチイト・ハリスとも男気の10号。ハリは8号で、狙いはロクマル尾長の一発。

瀬ギワのワレに仕掛けを止め、アタリを待った。時折、強いサラシに仕掛けを弾かれるが、夜尾長は瀬ギワ狙いが私のポリシー。徹底して瀬ギワに仕掛けを止めることに集中。磯のワレに潮が当たり、渦ができる。この渦に仕掛けをうまく潜らせることができれば。

初アタリでロクマル尾長!

水中で輝くウキがキュンッと走った。掛けアワセを入れると、確かな手応え。強烈な引きで、強靭な道具を信じて、一切イト出しをせず真っ向勝負。実際、夜尾長は不用意にイトを出せば敗北となる。

サオの弾力に負け、ゆっくり浮いてきたのは間違いなくロクマル!タモ入れも慎重に、見事にゲット。2020年、男女群島の初アタリは60cmの尾長で、丸山君とハイタッチ。

次のページで65cm尾長浮上!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。