冬の投げキス釣りで21.5cm頭に良型シロギス顔出し【千葉県・館山】

冬の投げキス釣りで21.5cm頭に良型シロギス顔出し【千葉県・館山】

2月9日(日)。風が強い予報だが、前回よかった千葉館山へ投げ釣りに出かけた。8時前に到着。当日は、21.5cm頭に良型シロギスと対面することが出来た。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

当日は荒天で時化模様

館山湾の状態を確認すると、強い北風の影響でいつもは静かな海のあちらこちらで白ウサギが飛び跳ねている。自衛隊堤防や砂揚場の護岸、築港堤防は波を被っていてとても釣りができる状態ではない。

安全に楽しめる場所がないか見て回り、那古海岸や船形港は何とかなりそうだったが、釣果は期待できないエリア。丸山堤防近辺は風が強くて竿を出す気にならない。

冬の投げキス釣りで21.5cm頭に良型シロギス顔出し【千葉県・館山】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

「とりあえず足湯で体を温めてから策を練ろう」と道の駅・三芳村に向かうが、足湯はボイラー修理中のために使用中止で泣きっ面に蜂。早めにランチを済ませて、仮眠しながらナギるのを期待する”時差出撃作戦”しかないと決めて、館山に戻った。外は強風で寒いけれど車中はポカポカ。満腹のお腹をさすりながらすぐに夢の中へ。

3色付近で20cmシロギス

目が覚めると15時すぎ。大慌てで砂揚場に行くと風は大分収まり、釣りが可能な状態になっている。しかし、砂が舞い上がっていて汚れが気になる。そこで築港堤防へと向かい、中央部に釣り座を設定。

15時半すぎに開始。第1投を3色半に投入、時間をかけてじっくりと探ってくると3色付近でコッと前アタリらしい反応。しばらく仕掛けを止めて待っているとググーンググーンと心地いい引きでいきなり20cm超えの良型が釣れてびっくり。

冬の投げキス釣りで21.5cm頭に良型シロギス顔出し【千葉県・館山】良型キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

良型交じりまずまずの釣果

2投目も3色付近で21cmが同じように釣れて、3投目も同様。「ひょっとして入れ食いの大釣りになるのか」と思ったが、その後はアタリがピタッと止まってしまった。左右に投点をズラして探っても反応はなくなってしまった。

魚を求めて防波堤上を右往左往しながら、ポイントを探し回ったが釣れるのはハゼやメゴチのみ。移動を繰り返している夫はポツポツと釣り上げているので、魚の着き場を見付ければ釣れないはずはないが、なかなか見つけられず、1尾追加しただけで薄暗くなってしまった。

この時期に短時間で4尾の良型を釣ることができたので、気分上々で納竿。私よりも移動を繰り返していた夫は小型交じりで9尾。ポイントさえ上手く探し当てれば厳寒期でもかなりの確率で釣れそうだ。

次のページで2日後にも再アタック!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。