東京湾でも人気拡大中 『バチコンアジング』で32cmアジ【渡辺釣船店】

東京湾でも人気拡大中 『バチコンアジング』で32cmアジ【渡辺釣船店】

2月8日(土)、東京湾のバチコンアジングを楽しもうと、横浜山下橋の渡辺釣船店に出かけた。バチコンアジングは、いかにしてアタリをだすか試行錯誤するのが最大の魅力だ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・渡邉長士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

人気上昇中『バチコンアジング』

「バーチカル」と「コンタクト」を合わせた造語の略称。船からバーチカル(タテ)に落としてアジにコンタクトさせるという意。胴付き仕掛けのエサ代わりにジグヘッドリグを付けたもので狙い、発祥は福井県や三重県とされているが、最近では東京湾にも人気が広がっている。

バチコンタックル紹介

東京湾でも人気拡大中 『バチコンアジング』で32cmアジ【渡辺釣船店】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・渡邉長士)

ステイトの接続はリーダー部に結んで、ステイトの端糸をジグヘッド方向に7回ほどハーフヒッチで編む。こうすることで編み込み部を移動することができ、枝スの長さを状況によって自由に変えることができる。これが「逆ダウンショット」の略で「逆ダン」と呼ばれ主流になりつつあるリグ(仕掛け)。面倒であれば三つ又サルカンを使ってもいい。枝スの長さは変えられないがイトがヨレにくいので、入門者にはお勧め。

東京湾でも人気拡大中 『バチコンアジング』で32cmアジ【渡辺釣船店】ナス型オモリを使った仕掛けだ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・渡邉長士)

バチコンの誘い&アワセ方

船長の合図があったら仕掛けを投入する。オモリが着底したらミチイトを軽く張りオモリを浮かさない程度に動かし、張らずゆるめず状態で5~10秒アタリを待つ。竿を小刻みにシェイクさせながらの巻き上げや、オモリ着底状態からさらにミチイトを送ってジグヘッドをフォールさせたり、さまざまな動かし方を試して反応のいいアクションを探る。

アタリはコツンと手元に来ることが多く、即アワセが基本。ほかにも一気に竿を引ったくるような明確なアタリや、チクッとわずかに触れた程度のものもある。仕掛けの重みがわずかに変化したらアタリのサイン。数を伸ばすためにはこの小さな変化でアワせられるかがカギ。

次のページでバチコン実釣をお届け!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。