初挑戦でもサワラにヒラメ 『伊勢湾ジギング』でワイワイ釣行【愛知】

初挑戦でもサワラにヒラメ 『伊勢湾ジギング』でワイワイ釣行【愛知】

2月3日、愛知県半田市の半田港から遊漁船に、初心者2人と乗船。サワラにヒラメと船中笑顔溢れる釣行をお届け。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・岩月大地)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ジギング初挑戦に同行

今回は初心者2人との釣行。2人は初めてのジギングということもあり、出船からワイワイとアウトドアの解放感を満喫していた。

出船から50分ほどで伊良湖沖の水深26mのポイントへ。船長から釣り方の指導を受ける。

アクションは単純明快。サミングしながらボトムをとり、素早くイトフケを回収。速やかに軽いワンピッチアクションを加える。5~10回ほどワンピッチでアクションしたら再びフォール。この繰り返しだ。

初心者でもサワラをゲット

最初のポイントで、2人は感覚をつかんだようでここからが本番。伊良湖水道の水深70mラインに10分ほどかけて移動。船長からスタートの合図が出る。

しばらく反応がないなか、根気よくアクションを繰り返していた伊藤君に初ヒット。しなるサオに大興奮のなか、船長のアドバイス通り慎重に巻き上げてきて姿を見せたのは、70cmを超えるサワラ。 無事にネットインも決まり、船中には安堵と祝福の空気が流れた。ヒットルアーは剣屋の頑鉄Zの190gだった。

ヒラメも登場

私も負けていられないと粘り強く誘う。80mラインのポイントに入ったので、ジグをタングステンのボーズレスヒデヨシ180gに替えた3投目、ボトムから3シャクリでドンとひったくるようなバイト。ゴンゴンと首を振る引きを楽しみながら上げてくると、姿を見せたのは40cmオーバーのヒラメ。

初挑戦でもサワラにヒラメ 『伊勢湾ジギング』でワイワイ釣行【愛知】 ヒラメとヒットジグ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・岩月大地)

慎重に船長の構えるタモに導きネットイン。 念願の1匹目に思わず笑みがこぼれた。

良型サワラが連発

ここからは潮止まりを迎え、我慢の時間が続く。

正午を回り終了の時間が近づき、ゆったりと下げの潮が効きだした午後1時前。突如船長のサオが弧を描く。 安心感のあるファイトでスムーズに上がってきたのはサワラ。

初挑戦でもサワラにヒラメ 『伊勢湾ジギング』でワイワイ釣行【愛知】船長もサワラをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・岩月大地)

ネットインも一発で決まり船中が活気づく。

終了が近づくなか、再び船長にヒット。先ほどよりサオが深く海面に突き刺さるファイトに期待が高まる。

私が構えたタモに頭から入ったのは、90cmに迫る良型のサワラ。設楽船長のヒットルアーは伊藤君と同じく頑鉄Zの190gだった。

初挑戦でもサワラにヒラメ 『伊勢湾ジギング』でワイワイ釣行【愛知】90cm級のサワラがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・岩月大地)

条件が悪くても楽しめる伊勢湾ジギング

最後の1分1秒まで橋本君も一生懸命にアクションを続けたが、むなしくもヒットにはつながらずリベンジを誓った。

今回は潮周りが長潮と厳しく、冷え込んで魚の活性も低かったので厳しいロケとなった。

しかし初挑戦の伊藤君にもサワラが釣れ、船長の「釣りは遊びだから楽しくないとダメでしょ!」の言葉通り、船内はワイワイと終始にぎやかでとても楽しい釣行となった。

<週刊つりニュース中部版 APC・岩月大地/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
伊勢湾
出船場所:半田港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年2月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。