厳寒期はライトゲーム強し? 陸っぱりで五目釣り達成【名古屋港西3区】

厳寒期はライトゲーム強し? 陸っぱりで五目釣り達成【名古屋港西3区】

暖冬と言われる今冬。とはいえ、時には寒波も訪れる。そんな厳しい寒さとなった2月5日、愛知県弥富市の名港西3区周辺に出かけてみた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋港で新子タチウオゲーム

到着は午後8時少し前。寒さと風のせいか、さすがに先行者はいない。常夜灯の下に陣取り、まずは新子タチウオゲームから。

厳寒期はライトゲーム強し? 陸っぱりで五目釣り達成【名古屋港西3区】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

食い上げのアタリで本命ヒット

当日は強い横風で、極細のラピノヴァX0.18号でさえ、少しでも気を抜けば激しく流される。そこでジグヘッドは普段より重めの4gを選択し、ライナーでキャスト。着水の少し手前からサミングし、イトフケを最小限に抑える。

フォール中も、わずかにリールを巻きながらラインテンションをキープ。中層辺りまでフォールしたところでサオ先がわずかに戻った。食い上げのアタリだ。イトフケの分も考えてオーバーアクションの大アワセ。

厳寒期はライトゲーム強し? 陸っぱりで五目釣り達成【名古屋港西3区】タチウオはそろそろ終盤か(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

これで、ひとまずボウズは免れた。

ワインドで本命追釣り

次のヒットはシェイクを交えた巻き上げの誘い。この場合、テンションがしっかりかかっているのでアタリは明確に出る。この調子なら、思ったより数も伸びそうだ。

3匹目まで順調にキャッチしたが、潮が緩んだのか徐々に渋くなってきた。そこでダート系ジグヘッドに変更し、ワインドアクションでリアクションバイトを誘う。

これで渋いながら4匹を追加し、1時間で計7匹。干潮時刻まであとわずかだが、この調子ならツ抜けくらいはできるだろう。

ところが、ここで完全に潮止まり。こうなるともう、上げ潮が効き始めるまでお手上げだ。そこでタチウオを諦め、少し移動してメバルを狙う。

次のページでメバリングをお届け!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。