今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・袋のため池】

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・袋のため池】

記録的暖冬で釣況は不安定だ。暖かいままならいいが、急に冷え込むと野の魚は口を閉ざす。それでも放流がある釣り場なら渋ってもほどほどの釣果が得られる。千葉県旭市にある『袋のため池』もその一つ。浅場の底釣りが今期はとく好調のようだ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・五木田富雄)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

概況

西池と東池があり、前者は数年前から釣り禁止で現在は後者のみ釣り可能。長方形で周囲は約1.2km。水深は60cm~2本弱。今年は例年になく水位が高い状態が続いており、そのためか水深1本以内の浅場が絶好調。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・袋のため池】袋のため池概況(提供:週刊へらニュース APC・五木田富雄)

ポイント

袋のため池ポイントを紹介する。

駐車場前桟橋

この時期、季節風の関係で釣り人は北岸に集中する。4つある桟橋のなかではもっとも深く、駐車場からも近いので一番人気だ。10尺竿前後での深場狙いが一般的だが、16尺以上で浅場を狙うと魚影特濃のエリアを狙える。しかし人気があるぶんだけ、休日などは人災があるかもしれない。

おがみや前桟橋

水深が50cm~1本前後と変化が激しく、駐車場前と同様に手前が深く13尺竿から沖は浅い。最深部は東から1~2軒前の民家前周辺。常連は9尺竿前後を使う人が多い。私が好んで入るのは西側。水深は1本強で確実に型が見られる。

既設釣り台(駐車場前桟橋の両側)

水深は1本~1本半。両側とも桟橋寄りほど根掛かりが少ない。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・袋のため池】既設釣り台の一例(提供:週刊へらニュース APC・五木田富雄)

トイレ前桟橋&左右の既設釣り台

水深1本弱の浅場だが近況はもっとも釣れている。竿は11尺までで十分。北岸最東端の桟橋…北岸ではもっとも浅いが中尺竿のドボン釣りでいい釣果が出ている。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・袋のため池】トイレ前周辺(提供:週刊へらニュース APC・五木田富雄)

西岸

中央水門寄りが最深部だが、それでも1本弱なので暖かい日がお勧め。西風にはめっぽう強い。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・袋のため池】西岸の様子(提供:週刊へらニュース APC・五木田富雄)

東岸

3本の桟橋があり同池の最深部もこのエリアだが、この時期は向かい風になりやすく入釣者は少なめ。ただし旭市は海に近く東風の日も多くなるので、そのような時は狙ってみたい。

南岸

ポンプ小屋桟橋が主で右から7~8m前が深い。点々とある小さな釣り台も穏やかな日なら狙いめ。ただし背後の道路に駐車は不可。

釣り方とエサ

今の時期は底釣りがメイン。どのポイントも竿は13尺までで十分。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・袋のため池】タックル図(作図:週刊へらニュース APC・五木田富雄)

風流れが発生しやすく、バランスだと流されてエサ追いが悪くなる。このような時は0.3~0.5号の中外通しオモリがお勧め。アタリが小さいので小さいウキを使い表現力をアップしたい。

エサはグルテンセットを基軸にアタリが続くなら両グルにチェンジ。さらに高活性なら両ダンゴも追う。逆に食い渋り時の大バラケは厳禁。小さくハリ付けしてゆっくりとバラけるタッチがいい。なお中途半端な活性ではセットだと空振りが多発する。触ったらバラケがスッと抜けるようなタッチがいい。ダンゴの持ち過ぎはカラツンの温床となりやすい。

<週刊へらニュース週刊へらニュース APC・五木田富雄 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
袋のため池
入釣料:300円(現場徴収)。釣り台用意。フラシ使用禁止。
注意:西岸・南岸の路駐は厳禁。
この記事は『週刊へらニュース』2020年2月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。