チヌ狙いフカセ釣りで40cm級本命 今後は乗っ込みに期待【和田防】

チヌ狙いフカセ釣りで40cm級本命 今後は乗っ込みに期待【和田防】

地元ながら初めて神戸・和田防へ出かけた。狙いは冬場もよく釣れているフカセ釣りのチヌ。ただ、チヌの反応は渋く、内向き、外向きと両サイドを攻めて、何とか貴重な35cm級のチヌをキャッチできた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・永井芳明)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

初めての和田防へ

2月11日、今年の初釣りで神戸・和田防に釣行した。自身、地元だが、今まで1度も和田防に釣行した事がないため、和田防での釣りに詳しい、釣研ファングループ阪神支部の神吉さん、高田さんに無理を言って同行してもらう事にした。

朝5時に釣具店で待ち合わせし、渡船乗り場へ向かう。和田防には、何軒かが渡しているが、今の時期はほとんどが休業しているとの事で、唯一、船が出る谷一渡船にお世話になった。

渡船乗り場に到着すると、すごい人が出船を待っていた。皆さんの狙いは、まだ釣れているアジのようで、その他は青物狙いや今が旬のメバルなど、ルアーの釣り人が多かった。

フカセ釣りは、自分のグループ3人と、たまたま来ていた知り合い3人組ぐらいだ。和田防に向けて6時に出船し、ものの10分程度で到着した。

チヌ狙いフカセ釣りで40cm級本命 今後は乗っ込みに期待【和田防】当日朝の和田防(提供:WEBライター・永井芳明)

内向きからスタート

なにぶん初めての釣り場なのでポイントも分からず、同行者にお任せすると、「内向きから始めましょう」との事。水深は竿1本先までが4.5ヒロ、竿2本で6ヒロとかなり深くなるとアドバイス。

そこで朝イチは、黒鳳STの5Bでタナを決め、ベタ底を狙う。ハリス2号を2ヒロとり、ナビの下にウキ調整用のガン玉5Bを付け、ウキ止めを5ヒロの位置に付けて狙う。

チヌ狙いフカセ釣りで40cm級本命 今後は乗っ込みに期待【和田防】当日使用したウキ「黒鳳ST」(提供:WEBライター・永井芳明)

しかし、エサが入っていないのか、さしエサが取られない時間が続いた。どうにかアタリを出すために、ウキ止めの位置を20cmくらいずつ動かしたり、ガン玉をハリスに追加したりと試行錯誤しながら探っていく。

同行者にチヌ40cm級

3人ともアタリのない中、同行者の竿が大きく弧を描いた。難なく浮かせたのは、きれいなチヌだ。サイズも40cmくらいとまずまずのサイズだ。状況を聞くと自分の仕掛けとかわらないので、チヌが寄ってくるまでの辛抱・・・とまきエサを撒くも、チヌからの反応はなく外向きのテトラに釣り座を移動した。

チヌ狙いフカセ釣りで40cm級本命 今後は乗っ込みに期待【和田防】同行者に40cm級のチヌ(提供:WEBライター・永井芳明)

3人ともテトラに移動した直後、同行者が掛けたが痛恨のハリ外れだ。食いが浅いと判断し、竿引きのアタリが出るまで待つ事にした。

我慢の甲斐あり

時刻は10時30分を回り、少し休憩を入れようかと考えていると、当日初のアタリが出た。完全にウキが消し込むまで辛抱強く待つも、なかなか食い込まない。少し道糸を張ってやるとようやく竿引きのアタリがきた。

アワセも決まり、ゆっくりやり取りしながら久しぶりのチヌの引きを楽しんだ後、無事タモに収まりライブウェルに入れる。サイズこそ35cmくらいだが、久しぶりにチヌの顔を見られてホッとした。

2尾目を狙って仕掛けを投入するものの、正面からの風にかわり思うように仕掛けを流せなくなった。再び、内向きに釣り座を変更した。

今後は乗っ込みシーズンへ

残り時間もわずかとなり、最後まで狙い続けたが、午後1時30分に納竿とした。ここ和田防は、これから乗っ込みのシーズンを迎える。そうすれば数、型ともに狙えるだろう。

なお、谷一渡船は平日の午前、午後、そして休日で乗船場がかわるので、ホームページの出船場所案内を参照の事。

<永井芳明/TSURINEWS・WEBライター>

▼この渡船について
谷一渡船 
出船場所:なぎさ公園周辺

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。