メダイ釣りで本命の他好ゲストにワラサやイシダイ【福井・若狭大島】

メダイ釣りで本命の他好ゲストにワラサやイシダイ【福井・若狭大島】

昨年の11月下旬、メダイ狙いで若狭大島から出たが撃沈。予想はしていたが、ここ数年は特に厳しい。釣れていた以前を懐かしんでいても仕方がないと再度挑戦。1月22日に若狭大島へ6人で訪れ、午前6時に出船した。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・酒井栄治)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

70cmワラサから登場

まだ暗く少し寒いが、風はなく波もおだやかな釣り日和。50分ほどで釣り場に到着して支度するが、片舷が3人なので釣り座には余裕がある。

サオはソリッドの2.4m。仕掛けはテンビンフカセで、ハリス6号2本バリ。マキエサはオキアミで、サシエサはオキアミやイカの短冊、ホタルイカ、サンマの切り身といろいろ。底まで80mあり、タナ60~70mで探ってとの指示があり、オモリ100号で投入する。

くじ引きで左舷大ドモとなり、ガラ空きだったので2本目のサオを支度していると早くもアタリあり、ドラグは緩めてあるので余裕で対処していたら隣の人とオマツリ。メダイにしては変な感じだと思っていたら、船長のタモに収まったのはよく太ったワラサ70cm。迷惑をかけてしまったが、いいお土産となった。

60cm本命メダイをゲット

メダイの初ヒットは左舷ミヨシの山口さんで、55cmのレギュラーサイズ。私にもきて、手持ちザオで対応する。のされるほどではないが結構引き、最後まで楽しませてくれて、さすがはメダイ。60cmを無事に取り込むことができた。

メダイ釣りで本命の他好ゲストにワラサやイシダイ【福井・若狭大島】本命手中(提供:週刊つりニュース中部版 APC・酒井栄治)

船中ポツポツとアタリ

その後3匹続けて上げ、やっと他でも上がりだしたが単発の様子。見て回ると、いい型のアマダイが上がっていたが、タナが少し深いのかも。アタリがなく移動となる。

期待するとボツボツと釣れたが、単発で終わってしまう。アンカーを入れているせいか、大ドモの私は4匹目、5匹目が釣れたが、失礼かもしれないけど、ないよりはましだと、「少ない人にあげて」と船長にタモ入れした魚を持って行ってもらった。

最終釣果

その後もまた1匹追加でき、私は午後1時に終了して、帰りの安全運転のため寝てしまう。3時までやって本命は1~2匹だったようだが、他にはイシダイ、キダイ、イサキ、カワハギなど。少しはお土産になったようだが、やはり本命は少ないように思う。次回は特別にいい情報があればというところだ。

メダイ釣りで本命の他好ゲストにワラサやイシダイ【福井・若狭大島】本命メダイほか好土産(提供:週刊つりニュース中部版 APC・酒井栄治)

<週刊つりニュース中部版 APC・酒井栄治/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
出船場所:若狭大島
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年2月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。