本日渓流解禁の『長良川郡上漁協管内』メイン釣り場7選【岐阜県】

本日渓流解禁の『長良川郡上漁協管内』メイン釣り場7選【岐阜県】

待ちに待った渓流釣りがいよいよ解禁となる。今回はホームグラウンドの長良川郡上漁協管内のポイント紹介をしたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

長良川郡上漁協管内の2019年の状況

長良川郡上漁協管内の昨年の状況を振り返ってみたい。

解禁当初は例年通り厳しい状況だった。積雪こそ少なかったが、川は渇水状態で気温水温ともに低くアマゴの活性は低かった。

支流も釣果は乏しく、一度釣ると次はなかなか釣れなかった。

釣れ始めたのは3月20日以降で、「アマゴ起こし」の増水でアマゴの活性は上がり、今まで釣れなかった支流で釣れ始めた。

本流は4月に入ってから徐々に釣れ始めたが、決して魚影が濃い感じではなかった。一度釣ると釣り返しが利かず、数をそろえるのに苦労した。

吉田川や亀尾島川は4月中旬以降から釣れ始めてGWごろまで楽しめた。

アマゴが待つ渓へ

今回は昨年釣行した支流を昨年の状況を交えて紹介したい。

本日渓流解禁の『長良川郡上漁協管内』メイン釣り場7選【岐阜県】昨年3月落部川でキャッチしたアマゴ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

鷲見川

鷲見川は郡上高鷲地区の支流の1つで、高鷲大エン堤の上流で長良川本流へ合流する川。鷲ケ岳を水源とし、渓相は大石で成形される段々瀬が多い。

例年なら積雪が多く川へ降りるのもひと苦労で、4月に入ってから釣りになる川だが、今季は雪が少なく入川が容易になっていた。

私が釣行したのは2月下旬。入川者はいないだろうと思ったが、しっかり足跡はあった。渓相は最高だが、アタリは遠かった。

しかし時期が早かっただけだと思うので、もう少し後に釣行すれば楽しめる支流だと思う。

本日渓流解禁の『長良川郡上漁協管内』メイン釣り場7選【岐阜県】鷲見川。今年は雪少なく入川は容易だ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

栗巣川

栗巣川は郡上市大和町を流れる長良川支流で流程は10kgほど。下流部は開けており釣りやすい。上流へ行くほど魚影が濃く、場所によってサオは使い分けた方が無難。

昨年の初期は渇水の影響もあり厳しかった。中流部支流の古道川は調子が良く、初期から釣れていた。

栗巣川が本格的に釣れだしたのは3月下旬ごろで、型も良くきれいなアマゴに癒やされた。

本日渓流解禁の『長良川郡上漁協管内』メイン釣り場7選【岐阜県】栗巣川中流域。昨年は3月に開幕した(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

大間見川

大間見川も大和町の支流。例年なら初期から釣れる支流だが、度重なる河川工事で深みが減り昔ほど釣れなくなった。

下流部は開けており釣りやすいが、釣果が出るのは中流部のブッシュ地帯。短いサオで細かく探れば釣れるが、型は平均小さい。

落部川

地元では落部谷川とも呼ぶ。東海北陸自動車道・ぎふ大和インターのすぐ近くの川だ。

本日渓流解禁の『長良川郡上漁協管内』メイン釣り場7選【岐阜県】ぎふ大和インター下りてすぐの落部川(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

大きな淵はほとんどなく、下流部は両岸とも護岸され全体的に水深が浅い川だが、魚影は濃い。例年なら型が小さくあまり釣行しないが、昨年は型も良く楽しめた。

中流部が開けており、一見水深が浅そうでも掘れ込みが結構あり、そんな掘れ込みでアタリが連発した。エサはキンパクが抜群に良かった。

本日渓流解禁の『長良川郡上漁協管内』メイン釣り場7選【岐阜県】落部川は全体に浅い川だが魚影は濃い(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

神路川

下流部から両岸が護岸された川で、遠方から来た釣り人がわざわざ入川するような川ではない。

地元では増水したら神路川と言われるぐらい増水時に釣れる川。というよりも普段水量が少ないため、増水したときにしかまともに釣れない川だ。

こちらも河川工事で一部有望ポイントがつぶれたが、魚影は濃い。昨年は渇水状況が続いていたのであまり釣行しなかったが、釣れるときは入れ食いだった。しかし型は小さい。

吉田川

言わずと知れた郡上のメジャー河川。しかし初期は全く釣れない。釣れるのは早くても3月下旬。例年4月以降にならないと釣れない。

しかし釣れ始めは驚くほどの入れ食いを味わえる。昨年は4月に入ってから爆発。私は中流部、下流部で数釣りを堪能できた。

エサはキンパクで釣れ始め、4月中ごろからはヒラタで入れ食いだった。最初は普通の瀬で釣れ、次に淵、最終的には川岸スレスレのヘチが入れ食いスポットだった。激戦区だけに、釣れる筋を毎回変えるのも効果的だ。

亀尾島川

亀尾島川も吉田川に次ぐ長良川の一大支流。

昨年は4月後半に釣行したが、入川しやすいエリアは厳しかったように思えた。道路から見えないサオ抜けに当たると数釣りが楽しめた。透明度の高い川で水はきれい、景色もきれい、アマゴもきれいと三拍子そろった魅力的な支流だ。

本日渓流解禁の『長良川郡上漁協管内』メイン釣り場7選【岐阜県】癒しの亀尾島川(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

長良川郡上には、まだまだ魅力的な支流はたくさんある。時期によって釣れる釣れないがあるので、多くの支流を知っておくとアマゴに出会える可能性は高まる。いろいろ探っておくのもいいと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・松森渉/TSURINEWS編>

▼問い合わせ
郡上漁協
出船場所: 岐阜県郡上市八幡町
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。