厳寒期でも陸っぱりを楽しみたい 『ライトテキサスゲーム』初心者入門

厳寒期でも陸っぱりを楽しみたい 『ライトテキサスゲーム』初心者入門

冬の陸っぱりソルトルアーゲームは、狙える魚種が減少する。1日釣りをして何も釣れないなんてことも。そんな時期だからこそオススメしたい「ライトテキサスゲーム」を紹介。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ライトテキサスゲームとは

ライトテキサスとは、バレットシンカーと呼ばれる遊動式の砲弾型のシンカーとオフセットフックを組み合わせたリグ(仕掛け)を指す。

ボトムのズル引きや軽くリフト&フォールさせたり、あるいはスイミングなど様々な誘い方ができる便利なリグだ。また狙えるターゲットもカサゴやメバルからクロダイやヒラメなど様々。

ライトテキサスゲームタックル

ライトテキサスゲームのタックルやリグを簡単に説明していきたい。

ロッド&リール

ロッドは、アジングロッドLクラスからエギングロッドMLクラスに、リールは2000~2500番台の小型スピニングリールを組み合わせると使いやすい。その他、ベイトフィネスタックルも面白い。

厳寒期でも陸っぱりを楽しみたい 『ライトテキサスゲーム』初心者入門Lクラスのアジングロッド(提供:WEBライター・杉本隼一)

ライン

ラインは、PEラインであれば0.4号から0.8号に、1.5号から3号程度のショックリーダーを結束して使う。メインラインにフロロカーボンを使用する場合は、6lbから12lbのラインがおすすめだ。

ライトタックルとはいえ、ボトムを攻めたり、大物が掛かることもあるのでラインは少し太めのものを選ぶと安心だろう。

シンカー&フック

厳寒期でも陸っぱりを楽しみたい 『ライトテキサスゲーム』初心者入門バレットシンカー5gと7g(提供:WEBライター・杉本隼一)

シンカーは、3gから10g程度の軽いバレットシンカーに、フックはオフセットフックの#2前後がおすすめ。

厳寒期でも陸っぱりを楽しみたい 『ライトテキサスゲーム』初心者入門オフセットフック(提供:WEBライター・杉本隼一)

ワーム

ワームは、エビやカニなどの甲殻類をイミテートしたものや小魚を模したシャッドテールなどが効果的だろう。

ワームのサイズはカサゴから大物まで狙える2inchから3inchがおすすめ。大物狙いのため4inchのワームもタックルボックスに忍ばせておくといいだろう。

厳寒期でも陸っぱりを楽しみたい 『ライトテキサスゲーム』初心者入門ハリ先は隠す(提供:WEBライター・杉本隼一)

その他

シンカー止めやシンカーとフックの間にビーズを付ける場合もある。ビーズを付ける事で、フックの結び目へのダメージを軽減させたり、魚へのアピール力を上げることができる。

次のページでライトテキサスゲームの魅力を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。