本番迎えた『筏カレイ釣り』で手軽に大型狙い 2つの釣法を解説【淡路島】

本番迎えた『筏カレイ釣り』で手軽に大型狙い 2つの釣法を解説【淡路島】

真冬の淡路島福良湾はカレイの宝庫だ。カレイと言えば投げ釣りの代表ターゲットだが、福良湾では筏に渡して貰って手軽に良型を狙う事ができる。この冬もいよいよ本番を迎えた筏からのカレイ釣りで代表的な2タイプの釣り方を紹介したい。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

カカリ釣りスタイル

もう一つの釣法としてチヌのカカリ釣りスタイルで楽しむ方法がある。こちらはいわば軽いオモリでの探り釣りをイメージすると良い。カカリ釣り用の軟竿に両軸リール、道糸は2号前後。この先にオモリはガン玉3Bから中通し1号程度を用意しておく。ハリはカレイ用でも良いし、チヌバリなら2、3号を使用する。仕掛けは2本バリでも良いが1本バリで楽しむ人が多いようだ。

この釣りは常にまきエサが入るチヌの釣り座をチョイスして、真下を釣るスタイル。そのため、カレイを寄せるためのまきエサ(ダンゴ)を打ちながら釣ると良い。

チョイ投げが仕掛けを少しずつ引きずってカレイの居る場所を探す釣りなら、カカリ釣りはカレイを寄せて釣ると言うイメージだ。この釣りの特徴は、とにかくエサを自然に動かす事ができ、カレイに違和感なくエサを食わせる事ができる点。特に食いの渋い日に当たると、このカカリ釣りスタイルでないと釣れない事もある。

カカリ釣りスタイルの基本

釣り方の基本はハリ上20~30cmにオモリを打ち、オモリがちょうど着底した状態でハリスを這わせて待つ。この時に筏用の竿受けがあると安定させやすい。時々、竿でエサを持ち上げるように誘いを入れる。

この釣り方でもアタリは千差万別だが、比較的、軽く穂先を押さえ込むような小さくスローなアタリが多い傾向にある。アタリがあっても早アワセは厳禁。柔軟な穂先を利用して、少し聞いてみて、さらに穂先を持ち込むようならアワセを入れる。カレイの場合は、あまり食い逃げをする魚ではないので、じっくりと食わせてやろう。

カレイ釣りのエサ

どちらの釣りもエサはアオイソメやマムシ(イワムシ)と言ったカレイ釣りの定番エサで良いが、食いが渋い時にはさらに小さくて動きのよいイシゴカイによく食ってくる事もある。そのため3種類の虫エサを用意して刺し分け、反応の良いエサを探す事も釣果に繋がるだろう。虫エサ以外では小型のボケ、アケミ貝のむき身などにも食ってくる事がある。

本番迎えた『筏カレイ釣り』で手軽に大型狙い 2つの釣法を解説【淡路島】定番エサの一つ、アオイソメ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

<松村計吾/TSURINEWS関西編集部>

▼この釣り場について
じゃのひれ筏釣りセンター
所在地:兵庫県南あわじ市阿万塩屋町

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。