管理釣り場で『ミノーイング』しばり 45cm頭にニジマス手中【鱒蔵】

管理釣り場で『ミノーイング』しばり 45cm頭にニジマス手中【鱒蔵】

12月21日、この日は岐阜県高山市にある管理釣り場・鱒蔵へ釣り納めに出かけた。現地には午前8時半に到着。受付を済ませて、いざ釣り場へ。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

鱒蔵でミノーイング

鱒蔵の池を見るとたくさんの魚が泳いでいる。はやる気持ちを抑え、タックルの準備をする。この日はミノーイングオンリーと決めていたので、先発ルアーはDDパニッシュ65Fのアユカラーをセットして、スタートした。

管理釣り場で『ミノーイング』しばり 45cm頭にニジマス手中【鱒蔵】釣り場の風景(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

綺麗なニジマスをキャッチ

キャストし着水後、少し潜らせてスローリトリーブ&トゥイッチで背えると、時折魚が触れる感触が伝わるがヒットせず。そこでルアーチェンジ。次は50mmのサスペンドミノーのグローピンクカラーに変更してキャスト。

管理釣り場で『ミノーイング』しばり 45cm頭にニジマス手中【鱒蔵】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

今度はトゥイッチ後のポーズを長めに取るようにして攻めると、魚が追ってきてルアーをくわえた。すかさずアワせるとヒット。キャッチしたのはレッドバンドが鮮やかな30cmクラスのニジマスだった。

ボトムで45cmニジマス

その後も数匹のニジマスをキャッチするが、次第に反応が遠のいてきたので、再度ルアーチェンジ。魚はボトムに沈んでいると思われたので、ボトム専用ミノーのアイジェットリンクのブラストイットミノー50ボトムリッター忍者ブラウンに変更。

ボトムまで沈め、トゥイッチをかけて底をはうように攻めると、数投目でヒット。少しサイズはいいようなので、慎重に寄せてネットイン。キャッチしたのは、45cmほどのニジマスだった。

管理釣り場で『ミノーイング』しばり 45cm頭にニジマス手中【鱒蔵】良型ニジマスゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

ミノーイングにこだわり35cmゲット

その後はボトムを中心に、渓流用のシンキングミノーなどでも数釣りを楽しむが、サイズは上がらない。ここでスプーンやクランクを使えば流れを変えられると思ったが、やはり初志貫徹。最後までミノーイングにこだわり、終了間際に35cmほどのニジマスをキャッチして、午後3時半にロッドオフ。2019年最後の釣行が終了した。

管理釣り場で『ミノーイング』しばり 45cm頭にニジマス手中【鱒蔵】このサイズの数釣りは楽しめた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

今回はミノーイングにこだわった釣行だったので数は伸びなかったものの、やはり「釣れた」感より「釣った」感を強く感じられたいい釣り納めとなった。

2020年の渓流解禁まであとわずか。次のシーズンもどんな魚との出会いがあるのか、頭の中で妄想を膨らませている今日このごろだ。でもそんな時間が結構楽しかったりするんだよね(笑)。

管理釣り場で『ミノーイング』しばり 45cm頭にニジマス手中【鱒蔵】雪をかぶった乗鞍岳(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

<週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鱒蔵
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。