テンヤタチウオで指6本級頭に16尾 大きめエサに良型好反応【釣吉丸】

テンヤタチウオで指6本級頭に16尾 大きめエサに良型好反応【釣吉丸】

12月下旬に大分市は家島港の釣吉丸にテンヤタチウオ釣りの予約を入れて釣行をお願いした。当日は10時くらいには入れ掛かりとなり、トップは指幅3~6本を16尾の釣果だった。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣吉丸でタチウオ釣り

釣行前日までは雨が降っていて、大分の天気予報を見ると大分沖では南から北風に変わる予報。

当日は、家島港に午前5時すぎに着き、待っていると釣り人が集まりだした。6時20分には全員そろい、釣吉丸は出港。別府湾に出て見るとウネリもなくポイントに進む。テンヤタチウオ釣行のメンバーは佐田さんに岩倉さん、手島さん、私、後は常連の坂本さん、野村さん、富士野さん、小野さん。

ポイントに着くと遊漁船に漁師船が入り乱れての釣りになる。12月から底引き船も入ってのにぎやかな海だ。

テンヤタチウオで指6本級頭に16尾 大きめエサに良型好反応【釣吉丸】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

130mからドラゴン級が浮上

そして、仕掛けができたところで釣り開始になる。船長からタナは130mとのアナウンス。

1投目から岩倉さんにアタリが出て、上がってきたのを見るとタチウオのドラゴン級が釣れていた。

テンヤタチウオで指6本級頭に16尾 大きめエサに良型好反応【釣吉丸】本命手中に笑顔の岩倉さん(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

岩倉さんのエサを見ると大羽イワシを付けていて、どうも大きいエサのほうが大物のタチウオが食ってくるようだ。

手島さんにもアタリが出ているようだが、ハリ掛かりが浅かったのか途中でバラしてしまった。それも2回とバラシが続き、悔しがっていた。そして3回目のアタリはかなりの大物らしく、引きもよく強引に巻き上げているとサオ先にイトが絡んでサオを折ってしまった。

苦戦するも入れ掛かりタイム突入

佐田さんは朝のうちはアタリが取れず苦戦をしていたが、ジグをとっかえひっかえして10時くらいからアタリが取れだして入れ掛かりになってきた。

テンヤタチウオで指6本級頭に16尾 大きめエサに良型好反応【釣吉丸】大きいエサの方が大物が食ってくる(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

水深130mからドラゴン浮上

船長から「130mにタチウオが出ていますよ」と言われると仕掛けを海底まで落として誘い上げていく。するとドラゴン級が底の方にいるようで、船上は入れ掛かりのようになり、数を稼いでいく。よくエサを見るとサンマの切り身や大羽イワシを使っていた。

その後、手島さんはサオを借りての釣りになったが、最終的にはタチウオの指幅4~5本を10尾釣っていた。

テンヤタチウオで指6本級頭に16尾 大きめエサに良型好反応【釣吉丸】手島さんも大型ゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。