大分沖テンヤタチウオ初心者入門 最新釣果は指8本級の超ドラゴン!

大分沖テンヤタチウオ初心者入門 最新釣果は指8本級の超ドラゴン!

シーズン入りした大分沖タチウオ。 タチウオ専用テンヤをサオのシャクリとミチイトの巻き上げを駆使しながら誘ってアタリをだしていく釣りスタイルはゲーム性も抜群。「ドラゴン」と呼ばれる大型のヒット率が高いことも、このエリアの魅力となっている。 

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:ブルーホーク)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

タックル

テンヤタチウオの基本的な釣り方について解説する。

タチウオ専用テンヤ

釣り場の水深は深い所で200m以上ある。 テンヤを底まで落とすことはほとんどないが、魚の反応が魚探にでるのは100mより深いことも多いのでテンヤサイズは50号が基本。 潮が速い時は80号を使うこともある。

テンヤにはイワシやサンマ、アナゴの切り身を針金などで巻き付ける。 エサを用意している船もあり、予約の電話の時に確認を。

大分沖テンヤタチウオ初心者入門 最新釣果は指8本級の超ドラゴン!タチウオ専用テンヤにはイワシやサンマなどを付けて使用する(提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

サオ

タチウオ専用が各メーカーから発売されている。 サオを手持ちで誘いをかけてアタリをだしていくのが大分沖スタイル。 タチウオのアタリは繊細なことが多いため、サオ先は小さなアタリでも反応するものを選ぶ。 また、アワセがしっかり効くように胴の部分が強いものがいい。

大分沖テンヤタチウオ初心者入門 最新釣果は指8本級の超ドラゴン!タックル例(提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

電動リール・ライン

電動リールは小型がお勧め。 PEライン1.5~2号を200m以上巻けるもの。 この釣りはミチイトが高切れすることが多い。 理由は、同船者とのミチイトが絡んだり、高速で巻き上げ中にミチイトとミチイトが触れて切れたり、フグに切られることもあるため。 用意できるなら予備の電動リールと予備のミチイトがあると安心。

ミチイトにリーダーを連結してテンヤを繋げる。 リーダーはフロロ10号以上を使う人が多い。 また、リーダーにはテンヤから50~60cm上に集魚目的でケミライトを装着することも有効だ。

釣り方

釣り方は、船長が指示するタナより5mくらい深くテンヤを降ろして、サオを1、2回シャクリながらミチイトを5m一気に巻き上げる。こうすることでイトフケが少なくなり、ミチイトがより直線的になってテンヤにサオやリールでの操作が伝わりやすくなり、アタリも明確にでる。

テンヤを降ろしている時に特に注意したいことがサミングをすること。サミングとはリールのスプールに指を置いて極々弱い抵抗を与えながら仕掛けを降ろしていくこと。 これを行うことで仕掛けが隣に流れ過ぎないため、オマツリの予防になる。タナ合わせが重要なので、船長のアナウンスには指示通りに。

大分沖テンヤタチウオ初心者入門 最新釣果は指8本級の超ドラゴン!誘いを駆使して深場の大型にチャレンジ(提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

アタリはガツン!とはっきりでることもあるが大型ほど繊細。 誘いを止めてテンヤを見せている時に、曲がっているサオ先がピーンと一直線になったら食い上げのサイン、しっかりアワせよう。 アワセは電動リールでミチイトを巻きながらサオをあおる巻きアワセが有効だ。

タチウオが掛かったら全速力で巻き上げる。 こうすることでオマツリを防止する。

タチウオは歯が鋭いため口周りには指を持っていかない。 フィッシュグリップで頭部をつかみ、プライヤーでハリを外す。 クーラーの出し入れもフィッシュグリップを使うと安心だ。

次ページで大分県最新タチウオ釣果を紹介!