冬の勝浦沖でリレー船 寒サバ32尾にスルメ&ヤリイカ28尾【喜美丸】

冬の勝浦沖でリレー船 寒サバ32尾にスルメ&ヤリイカ28尾【喜美丸】

1月10日(金)、期待に胸をふくらませながら勝浦川津の喜美丸を訪れた。当日は船貸し切りで、寒サバ&イカのリレー釣りを堪能した。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

寒サバ&イカ狙いのリレー釣り

三連休の前日とあって、アングラ―は私だけ。それでも喜美丸の船長は快く出船してくれ、寒サバ&イカ狙いの大名リレー釣りが実現した。

右舷側操舵室の横に釣り座を構え、初めに狙う寒サバ用のフラッシャー仕掛けを結んでスタンバイ。

冬の勝浦沖でリレー船 寒サバ32尾にスルメ&ヤリイカ28尾【喜美丸】タックル例(作図:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

フラッシャーサビキで寒サバ狙い

6時、渡辺美喜男船長の舵でまだ暗い岸壁を離れ、真沖の釣り場を目指す。天候は朝から小雨が降り、北からの風がやや強く、ウネリがあって少し厳しいコンディション。

慎重な操船が続き、航程40分、チラホラと僚船が見える釣り場に到着。潮回りに入り、間もなく反応を捉えると軽く制動がかかり「はい、どうぞ、水深は210m。190mから底まで反応があります」のアナウンス。

オモリからフラッシャーサビキ仕掛けを丁寧に落とし入れ、一気に190mまで送り込む。そこからサミングをかけながら探っていくと、早くも竿先をブルブルと震わせるアタリが訪れる。

40cmクラス寒サバ多点掛け

はじめはゆっくり巻き上げて、その後、竿をロッドホルダーにセット。10m上げてから中速で巻き上げる。竿先は激しくバウンドを繰り返して、多点掛けの模様。

リングが見えたところで竿を立てながら引き寄せ、上から順にすべての魚を船中へ取り込む。この際、手前マツリを避けるため、魚が重ならないようにずらしながら取り込むことが肝要だ。

魚はいずれも丸々と太った40cm前後の寒サバで、マサバ主体のゴマサバ流しだ。上から魚を外して、仕掛けを吹き流し状態にして再投入。

仕掛けがタナに到達すると、すぐにブルンブルンと竿先がたたかれて、即、巻き上げにかかる。またもマサバ、ゴマサバのオンパレード。

冬の勝浦沖でリレー船 寒サバ32尾にスルメ&ヤリイカ28尾【喜美丸】マサバ主体にゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

3投目も同様に多点掛けの模様で、順調に巻き上げるが、残り30mに差しかかったところで、突然ガッガーンと激しく引き込まれて、一瞬のうちにテンションが消えてしまった。どうやら招かれざる客、サメのお出ましのようだ。

オモリ、仕掛けとも奪われてしまったので新しい物に替えて、その後は追釣を重ねる。36尾の良型サバがクーラーに収まったところで、またしてもサメに仕掛けごと略奪、ここからイカ釣りに切り替えることに。

次のページでイカ釣りで多点掛け連発!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。