カカリ釣りでマダイ&チヌ 良型含み数釣りチャンス【フィッシング大西】

カカリ釣りでマダイ&チヌ 良型含み数釣りチャンス【フィッシング大西】

2週間前に和歌山・海南のフィッシング大西に予約を入れ、1月14日は中紀・湯浅のカカリ釣りで、マダイとチヌ(クロダイ)を狙って釣行してきました。この日は大型こそ出なかったものの、魚の活性は高くマダイ・チヌ共に数釣りを楽しむことができました。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・入江信司)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日のカカリ釣りタックル&エサ

前日に船長に状況を確認したところ、「水温が少し下がりチヌやったらいけると思う」と言われました。「マダイはどうかな?」と確認すると、小ダイはよく釣れているとのことでした。「明日は頑張ろう!」と思い、すぐに近所のエサ店に行ってエサを準備します。

今回は、オキアミ3kgを2枚、アミエビを2kg、マルキユーのムギパワー、荒びきさなぎ、チヌベストの白、ヌカを用意しました。さしエサは浜市のGクリル2Lと3L、シラサエビを2杯、オキアミのむき身でいくことにしました。仕掛けは、サオが磯ザオ5.3m、リールは2500番のレバー付き、ミチイトはアイサイト1.5号、ハリスはガイア1.2号と1.5号、ハリは呑ませチヌの2号、3号 、ウキは黒鳳ST1号、0.8号でセットしました。

早々にヒットしたのはチヌ38cm

カカリ釣りでマダイ&チヌ 良型含み数釣りチャンス【フィッシング大西】早々に38cmのチヌがヒット(提供:WEBライター・入江信司)

朝3時半まで仮眠して4時過ぎに尼崎の自宅を出発。近くのエサ店にシラサをもらいに行って、いつもの中島から湾岸線に乗り6時35分に湯浅広港に着きました。船長が遅れて到着して、状況を確認してから7時前に出船。いつものポイントの三角には15分ぐらいで着き、船首向かって左の地方向きに釣り座をとって、1投目を入れました。

少し投げて、ウキのトップが少し沈み気味になるようにセットしました。タナは7ヒロからスタートです。エサはシラサエビからにしました。まきエサを3杯まいて仕掛けを投入!少し待ったらウキがじわじわと沈み、大きくアワせると、なかなかのファイト!上がってきたのは38cmのチヌでした!

昼過ぎには47cmの良型チヌもヒット

すぐに仕掛けを入れたら、すぐに小ダイが釣れて、「今日はいける!爆釣りかな?」と思ったのですが、そう思った途端にアタリが減りました…。

昼過ぎにウキが一気に消し込まれて、大きくアワせたら今までのやつより大きそうな手応えです。「大きそう」と思って上げてきたのは、47cmのチヌでした!

最終釣果と今後の見通し

結局、大きいマダイはダメでしたが、チヌの方はよく釣れて数には満足できました。チヌは全て第一弾の乗っ込みが始まっており、これからはもっと大きいチヌが釣れるはずです。皆さんもデカイチヌを釣りに行ってみてください!

湯浅広港までは大阪市内から1時間半ぐらいで行けます。船長は湯浅の海を知り尽くしているので、間違いないでしょう!釣果は、チヌ35~47cmまでを12匹 、46cmキビレチヌ、ハマチ45cm、ホウボウ25cm、ヘダイ32cm、小ダイ26~31cmを8匹でした!

カカリ釣りでマダイ&チヌ 良型含み数釣りチャンス【フィッシング大西】大きくはないがマダイもゲット(提供:WEBライター・入江信司)

<入江信司/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り船について
フィッシング大西
出船場所:毛見、初島、湯浅から