茨城サーフゲームがアツい 真冬のイナダ入れ食いに80cm超シーバスも

茨城サーフゲームがアツい 真冬のイナダ入れ食いに80cm超シーバスも

冬になっても、茨城のサーフゲームが好調継続中だ。朝の気温は氷点下。しかし、足下の波は温かくぬるま湯のように感じる。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

鉾田市のサーフでショアジギング

昨年末、北東の風が吹いた早朝、鉾田市のサーフに釣友の飯島一貴さんとショアジギング釣行。彼は、同エリアを中心に活動する釣りクラブ「チーム海猫」の代表で、秋には地元サーフで「海猫カップ」という釣り大会を催し、年々規模が大きくなっている。

曇り空で明け方に風はあったが気温は高め。波はそれほど高い感じではないが、ダバダバした荒い海面だ。ヘッドランドが等間隔にあり、まずは風が当たる北側を狙ってみる。

ルアーは30gのジグを使用。風と荒い波に揉まれ思うようにコントロールできない。そこで40gにチェンジ。すると、すぐに20cmほどのソゲが掛かってきた。魚の気配はあるようだ。

イナダ&良型シーバスが登場

まもなく辺りが明るくなると、数羽のウが海面に飛び込んでいく。そこをめがけてジグを打っていると、隣にいた飯島さんにヒット。60cmクラスのシーバスだった。

彼が「手前のサラシのなかで掛かってくるよ」とアドバイスしてくれたが、どうしてもトリが気になって遠投を続けるものの、ノーバイト。

しばらくして、ヘッドランドの南側でトリヤマが発生。こちらは風裏なので波が少し弱く、砂浜に立ち込みやすい。打ち込むとイナダが入れ掛かり。

波打ち際で、イナダの口から5cmほどの弱ったカタクチイワシが飛びだす。ついつい楽しくて連続キャッチ。そんな私をよそに、飯島さんはシーバスを狙って知らぬ間にナイスサイズをゲットしていた。

茨城サーフゲームがアツい 真冬のイナダ入れ食いに80cm超シーバスもシーバスをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

トリヤマ狙い撃ちでイナダ祭り

私もマネてサラシの中層を狙ってみるがなかなか難しい。間もなく気温が下がり、冷たい雨が降ってきた。沖のトリヤマはさらに大きくなってきて、寒いなか、なかなか掛かってくれないシーバスより、何かデカいのが釣れそうな沖めがけて遠投。すると、再びイナダ祭り。

昼前、寒さに負けてギブアップ。途中から参戦した釣友が釣った80cmオーバーの丸々太ったシーバスを土産にもらい帰路に就く。自宅に帰り刺し身で食べると、脂ノリノリで臭みはまったくなく、極上のスズキに感激。河口モノとは明らかに違う味だった。

年が明けてもR51やR296沿いを車で通ると、度々沿岸にトリヤマを見かける。まだまだチャンスはありそうだ。

<週刊つりニュース関東版 上谷泰久 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鉾田市
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。