寒い冬でも狙えるイシガキダイ 宙釣りで1.7kg本命手中【上甑島】

寒い冬でも狙えるイシガキダイ 宙釣りで1.7kg本命手中【上甑島】

上甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の磯で、イシガキダイが順調に上がっている。水温の低下とともに釣れる場所が限られてきたが、まだまだ食いが活発だ。12月半ばに釣行した際は、満足いく釣果に恵まれた。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

地寄りの磯で冬のイシダイ狙い

里では2月をのぞけば、おおむね1年を通し釣れる。ガンガゼや赤貝をエサにしたブッ込み釣りや宙釣りで狙い、型は1~1.5kgと小ぶりだが脂が乗っておいしい。

午前5時すぎに現地へ着いた。船長から「冬は沖磯よりも地寄りがいい」との情報をもらい、射手崎を目指した。

寒い冬でも狙えるイシガキダイ 宙釣りで1.7kg本命手中【上甑島】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

夜明け前に仕掛けをセット。ハリはイシガキダイのアゴをしっかりとらえる石鯛ワイヤー、エサはガンガゼのほかにくわせ赤貝を用意。

まずは置き竿で

まずはガンガゼで15mのタナを攻め置き竿にした。タナを変えつつ3、4回探るがアタリがないので赤貝に変更。

10m以内の浅ダナを探ると、ガツンガツンとサオ先を叩くアタリがでた。仕掛けを回収すると、きれいにエサがない。

宙釣りで1.7kgイシガキダイ

手数を増やして宙釣りを試すと、1、2回の前アタリの直後に走った。大きくアワせると手応えは十分。リールを力強く巻いて浮かせたのは1.7kgほどのイシガキダイだ。

同じ要領で1kg級を2尾追加し、ペースをつかむかに思えたがすぐにアタリが遠のいた。その後は、遠投や超浅ダナなどいろいろ試したが魚信はなく10時ごろに納竿。

今回は赤貝に反応が多く、アタリは朝マヅメに限られた。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
藤丸
出船場所:里港・阿久根港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。